もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
サイモンは、ねこである。
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サイモンは、ねこである。

  • 絵本
作: ガリア・バーンスタイン
訳: なかがわ ちひろ
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「サイモンは、ねこである。」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年08月
ISBN: 9784751528341

5歳〜
サイズ:27.1×22.0cm
ページ数:32頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「ぼくたち、似てますね!」
子ねこのサイモンが言うと、トラもライオンも大笑い。
だけど、よーく見てみると、りっぱなひげに長いしっぽ。とがったツメと、暗闇でもよく見える大きな目・・・。
あれっ?おれたち、もしかして子ねこの仲間だったの?!
思いがけない展開が楽しいユーモアあふれる絵本!

ベストレビュー

私たちが一番できていないこと。

6歳の娘と読みました。

サイモンというネコちゃんが、
ライオンやとら、ひょうさんたちに
「ぼくたちは同じ仲間ですよね!」と話しかけるところから
物語が始まります。

トラやライオンにはそれぞれに誇るものがあり、
ネコとの違いを誇らしげに語りだしますが、
でも、そうしているうちに共通点が多い事に気づきます。
「するどい歯。長いしっぽ・・・」
そして最後には、「そっか、ぼくたちみんな、仲間だね!」
と一件落着。

動物たちの表情や、特にネコのサイモンの目つきに
とっても細かい変化がみれて、
6歳の娘が読んでもとても面白かったようですが、
私にはとても深い絵本のように思えました。

だって、今ミャンマーで問題になっているロヒンギャ族。
中東の宗教紛争。
みんながもし、この絵本の動物たちのように、
「僕たちは頭が一つに手が2本、足が2本で目が2つ。
同じ人間だよね」って思えることができたら、
世界は本当に、もっと平和になると思うのです。

子どもが読む短い絵本、動物たちの簡単なセリフ。
でも一番できてないのは私たち人間なのです。
そのことを思うと、この絵本の動物たちからのメッセージは、
とても大切なことであると、私には思えてなりません。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


なかがわ ちひろさんのその他の作品

まほろ姫とにじ色の水晶玉 / ペペットのえかきさん  / おたすけこびとのにちようび / きょうりゅうたちがけんかした / がっこうだって どきどきしてる / きょうりゅうたちのいただきます



『BigBook ふしぎのくにのアリス』 <br>藤本真央さんインタビュー

サイモンは、ねこである。

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット