宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
青(ハル)がやってきた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

青(ハル)がやってきた

  • 児童書
作: まはら 三桃
絵: 田中 寛崇
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年10月17日
ISBN: 9784036490509

小学校高学年から
214ページ

出版社からの紹介

「おれの名前はスズキハルなのである。青空の春の日に生まれたのだ。」
サーカスとともにやってくる、型破りな転校生が
あなたに魔法をかけるかも!?

鹿児島  ごちゃごちゃかんがえすぎてしまう未央。  
福岡  「美人さんは得」という言葉が気になる真衣。
山口  ほぼ完全無欠だが、ひとつだけ弱点がある秀。
大阪  近所の口うるさいじいさんに目をつけられている一樹。
千葉  震災後、母とともに祖父母の家で暮らす光希。
各地の子どもたちが
ハルと出会い変わっていく、「ご当地」連作短編集。

ベストレビュー

連作短編集

作者で選びました。
連作短編集。
父親がサーカスのマジシャンということで、全国を転校する青(ハル)。
彼が言うには父親は本物の魔法使いと言うので、父親の登場が楽しみでした。はたして…?
どの子もいそうだなー、ありそうだなーと思える短編たちでした。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


まはら 三桃さんのその他の作品

ぎりぎりの本屋さん / 疾風の女子マネ! / 奮闘するたすく / 三島由宇、当選確実! / ひかり生まれるところ / ぐるぐるの図書室

田中 寛崇さんのその他の作品

放課後のジュラシック / 5分後に思わず涙。 青い星の小さな出来事 / 5分後に思わず涙。 世界が赤らむ、その瞬間に / 車夫 (2) 幸せのかっぱ / タイムストーリー 3日で咲く花 / THE LOCK ぼくたちが”世界”を変える日(2)



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

青(ハル)がやってきた

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット