5〜6歳 ハイレベル 夏のおけいこ 5〜6歳 ハイレベル 夏のおけいこ
構成: 入澤 宣幸  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
夏のがんばり賞キャンペーン実施中!夏向け幼児教材売上No1!「できた!」「もっとやりたい!」が聞こえる夏に♪
まゆみんみんさん 40代・ママ

家庭学習の習慣になりようですね。
我が家の娘も、幼稚園児の頃、学研のドリ…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
きのうえのおうちへようこそ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きのうえのおうちへようこそ!

  • 絵本
作: ドロシア・ウォーレン・フォックス
訳: おびか ゆうこ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年10月03日
ISBN: 9784033483900

3歳から
40ページ

みどころ

主人公のツイグリーさんは、木の上で暮らしています。
相棒は「ニャンコ」という名前の犬です。

木の上の家には、テレビもソファーもあり、毎日自分たちの好きなことだけして、楽しく幸せに暮らしていました。
たまに友達のクマたちも呼んで、一緒に遊んだりもしますが、突然町の人が、木の上の家にツイグリーさんを訪ねてくると、ツイグリーさんは隠れてしまいます。

「ひとがきらい、って わけじゃないのよ。ただ、きのうえで くらしていると、ちょっとだけ ひとに あうのが にがてになるの」

人に会うのが苦手なツイグリーさんの代わりに、町へ買い物に行くのは賢い犬のニャンコです。

町の人たちは、木の上に住むなんてとんでもないと思っていました。
その中でも一番よく思っていなかったのは、市長の奥さんでした。

そんなある日、町に嵐がやってきました。
雨が何日何日も降り続き、橋は流され、町中が海のようになってしまいました。

しかし町が大洪水になっても、ツイグリーさんの木の家だけは、流されずにそびえ立っていたのです!

町の人たちがツイグリーさんが木の上に住んでいて本当に良かったと思い直すのと同時に、ツイグリーさんもまた、大切なことに気がつきます。

いざという時は、何をしたいかしたくないかなんて、関係がない!
大変な時は、人に会うのが苦手だなんて言ってないで、何が何でも助ける、ということ。

ツイグリーさんは、
「もうすぐ、おきゃくさんが たくさんくるわ。」
ニャンコやクマたちも手伝って、お茶の準備や、大きな鍋でシチューを作る準備を始めました。
すると、次々に、びしょ濡れになった町の人たちが避難してきて・・・・

初版は1966年。
以来、世代を超えアメリカで50年以上愛され続けている絵本が、今回初めて翻訳されました。
主人公のツイグリーさんは「小枝さん」と言う意味。
人を避けるように、「木の上」という世間から隔絶された、自分の世界の中で生きていますが、洪水に見舞われた町の人たちを、全力で助けようとします。

災害の日を描いているのに、なんだか皆とても楽しそう。読者もツイグリーさんのシチューを一緒に食べたかのように、身も心も温かい気持ちになっていきます。

50年以上前の絵本とは思えない、全く色あせない魅力を放つ今作。「個人」というものを尊重することの大切さ、同時に、人と人とが助け合うことの大事さを描いている、現代にこそ読みたい絵本です。

(福田亜紀子  元絵本編集者)

きのうえのおうちへようこそ!

きのうえのおうちへようこそ!

出版社からの紹介

ツイグリーさんは、木の上のおうちに住んでいます。木の上のおうちには、大きなソファーやテレビもあり、ツイグリーさんは好きなことだけをしてくらしていました。そんなツイグリーさんを、町の人たちは、「かわりもの」と思い、木の上のおうちをなんとかしてやりたいと考えています。そんなあるとき、大雨が町をおそい、町は一面、海のようになってしまいます。その大海原のまんなかに、どうどうとそびえたっていたのは、ツイグリーさんの木の上のおうちでした!
アメリカで50年間、世代を超えて読みつがれてきた、心があたたかくなるお話。

ベストレビュー

長く読み継がれるのには理由があります

クラシカルな絵の雰囲気とツリーハウスに住んでいる主人公に惹かれて、読んでみました。

人に会うのがちょっと苦手なのというツイグリーさんは、木の上にたてたツリーハウスに住んでいて、ニャンコという名前の犬と暮らしています。

ニャンコは、とてお利口さんで、お買い物なんかもしてくれます。

町の人々には、ちょっと変わり者だと思われているみたい。。。

ところが、その町に大きな台風がやってきて、町には水があふれてしまいます。
濡れずに暖がとれるのはツイグリーさんのツリーハウスぐらいしかありません。

そんな災害時に、ツイグリーさんがとった行動とは?

日本でも大きな災害が、あちらこちらで起きています。
そして、その度に、人と人とが助け合うことの大切さを痛感します。

さらには災害の時だけではなく、日頃から心がけたいなと思います。

他人の個性を尊重しつつ、助け合いの精神を忘れない。とても大切なメッセージが込められた名作だと思います。
(アダムのママさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

おびか ゆうこさんのその他の作品

くまくん、じゅんびは オーケーかい? / おばあちゃん、ぼくに できること ある? / 嵐をしずめたネコの歌 / とびきり おかしな マラソンレース / ぼくらはなかよし、ラン、ラン、ラン! / スーちゃん おやすみなさい


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > きのうえのおうちへようこそ!

『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

きのうえのおうちへようこそ!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット