新刊
ちゅっちゅとこっぷちゃん

ちゅっちゅとこっぷちゃん(文溪堂)

「しゅぱっ」「とぽーん」心地よい音の響きを赤ちゃんと楽しむ絵本

  • かわいい
  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
子どもの心の育てかた

子どもの心の育てかた

著: 佐々木 正美
出版社: 河出書房新社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年07月19日
ISBN: 9784309247663

出版社からの紹介

子どもにとってもっとも大切なものは、
どこででも根を張り花を咲かせることができる、あたたかくて強い心。

「子どもとともに生きるすべての方がたが、長くて短い育児の期間、
乳幼児期から思春期まで、いつどこからお読みいただいてもいいように、
と願いながら綴りました。子どもの成長のあらゆる季節に、
そっとお手元に置いていただけましたら幸いです」(「はじめに」より)

「乳幼児期にやり忘れたから手遅れなどということはありません。
何歳からでもやり直すことはできますし、また、そうしなければなりません」(本文より)

「この本は、いつでも親子を幸せにします。
育児に疲れたとき、子どもとの関係がちょっとうまくいかなくなったとき、
嬉しいときも不安なときも、いつでも親子の心を支えてくれる名著です」(担当編集者より)

ベストセラー『子どもへのまなざし』著者、待望の最新刊!

【目次(一部抜粋)】
●教育も建築物も、一番大切なのは土台です。
そして、一番やり直しがしにくい部分です。

●トイレトレーニングなどは、叱りすぎも、ほめすぎも、
どちらも子どもの自律を妨げることにつながります。

●「叱られてもすぐに忘れる」「失敗しても同じことを繰り返す」
これは、幼児期の子どもの大きな長所です。

●子どもの反抗は、喜ぶべきものです。「だって」が始まったら、
「やっと来たか」と、その後の成長を楽しみにしながら接しましょう。

●子どもがのぞむことをみな与えるのが過保護、
親がのぞむものだけを与えるが過干渉。

●「いい子」とは大人にとって「都合のいい子」のことです。
いい子だからかわいがるのではなく、かわいがるから本当のいい子になるのです。

●この世でもっとも「純粋に近い愛情」は、親が子どもを思いやる気持ちです。

●創造性、オリジナリティは「模倣」から生まれます。
子どもに「人の真似をしてはいけない」と教える必要はありません。

●小学校の休み時間と放課後は、人生で一番大切なものを学ぶ貴重な時間です。

●自分が他人にどう見られているのか、必死で探るのが思春期です。
ずっと鏡を見ているのも、恋愛に夢中になるのも、必要なことなのです。

●恋愛というのは、自分を愛する感情のこと。
大失恋といっても、宝石をなくした程度のことです。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

佐々木 正美さんのその他の作品

子どもが喜ぶことだけすればいい / この子はこの子のままでいいと思える本 / 子どもの心はどう育つのか / 子育てのきほん / はじまりは愛着から 人を信じ、自分を信じる子どもに / どうか忘れないでください、子どものことを。


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 教育 > 子どもの心の育てかた

堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

子どもの心の育てかた

みんなの声(1人)

絵本の評価(3

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット