へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
地震がおきたら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

地震がおきたら

  • 絵本
原案: 谷 敏行
文: 畑中弘子
絵: かなざわ まゆこ
企画・協力: 神戸市消防局
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年10月01日
ISBN: 9784776408192

6、7歳から
216×206 29ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

みどころ

けんちゃんは小学3年生。ゆうちゃんは小学1年生。
2人は学校から帰ってきて、避難訓練をしたことをお母さんに話します。地震が起きたときは「しせいを低く」「頭を守って」「動かない」こと。避難するときは「おさない」「はしらない」「しゃべらない」「もどらない」こと(「お・は・し・も」の約束)。
消防士さんから学んだことを口々に報告する2人に、お母さんはびっくりするようなことを話してくれます。それは、昔この街が地震で、建物がたくさんこわれて中がぐしゃぐしゃになったとき、お母さんは小学3年生だったこと。こわれた建物のなかにとりのこされて「助けてー」と叫んだこと。でも消防士さんは、まずは火を消さなければならなかったこと……。

初めて聞くお母さんの話に、けんちゃんもゆうちゃんもびっくりしながら耳を傾けます。
地震を経験したお母さんとの会話のなかで、けんちゃんとゆうちゃんは、もし地震が起きたら、自分たちはどんなふうに動かなくてはいけないのかをだんだん学んでいきます。

地震がおきて閉じ込められたら、「助けて!」と声を出すこと。声を出せなかったら、何かをたたいたり笛をふいたりして音を出すこと。また、閉じ込められている人を見つけたら、大人やまわりの人に知らせること。
揺れている間は身を守り、揺れがおさまったら家の中でつかっている火を消すこと。火事が起きたら、小さい火のうちにみんなで力をあわせて火を消すこと。津波が起こるかもしれないから、高いところに逃げること……。

本書は神戸市消防局の企画・協力で作られた本。1995年に起きた阪神・淡路大震災の教訓が具体的に盛り込まれ、とても実用的な内容になっています。地震が起きたとき、何がいちばん大事なのかを、絵本の形式で教えてくれます。
親子の会話でお話がすすみ、最後には家族で地図を広げて、危ないところがないかを確認したり、連絡方法・防災グッズを確認したりという場面まで描かれます。
巻末には「家族を守る防災知識」と題して、神戸市消防局から伝えたいことが、具体的な資料などとともに6ページに渡ってまとめられています。家の中を子どもの目線でチェックすること、断水・火災にそなえてお風呂に水をためることなど、親子の “心の備え”となること間違いなし。
地震の多い国に住むわたしたち。この一冊が、子どもの一生を守るかもしれません。ぜひ家族で読んでみてください。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

地震がおきたら

地震がおきたら

出版社からの紹介

けんちゃんは小学校3年生、ゆうちゃんは1年生です。
今日、学校で消防士さんの話を聞いて地震の避難訓練をしました。
おかあさんに、その話をすると、
おかあさんは自分が小学生の時に大きな地震にあったことを話しはじめました…。

地震がおきたらどうしたらいい?
おとうさんやおかあさんはそばにいる?
しょうぼうしさんはたすけてくれる?

地震の時は子どもたちも自分で自分の身を守らなくてはいけない―神戸のひとりの消防士の思いが絵本になりました。
神戸市消防局の企画・協力のもと、子どもたちに、まず何をすべきかをわかりやすく伝えます。

ふだんから、地震の避難場所や、ばらばらになったときの集合場所を家族で確認しておくことが大切です。
そのほかにも、備えておいたほうがいいもののリストや、普段からの心構えなどを情報ページにまとめました。
緊急連絡先を書きこめるカードもつけています。

ベストレビュー

地震 怖いです! この本は親子で読んで欲しいです

阪神淡路大震災  東日本大震災  そして最近起こった大阪の地震は 6月18日朝7時58分頃  京都でもかなり揺れて怖かったです
日本は地震国です  突然襲う地震は本当に怖いです
この本は 小学生の3年生と1年生の兄妹が学校で地震の訓練をして 家でお母さんに話すのです
お母さんは 阪神淡路大震災を3年生のとき体験していました

地震が起きた時 どのようにしたらいいか 家族でも話し合い
地図を広げて  どこへ逃げたらいいか 
連絡法法 防災グッズなどを話あいます

本当に地震は怖いです   親子でこの本を読むと良いと思いました

そして 自分の住んでいる 町のことを知り  災害が起きたらどのようにしたらいいか地域で考える事も大切だと思いました
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


畑中 弘子さんのその他の作品

ワルルルさん / わらいっ子

かなざわ まゆこさんのその他の作品

ぼく ぱぐ / てんからのおくりもの / ポワン un point. / ぼくぱぐ / てんからのおくりもの



『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

地震がおきたら

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット