もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
まんなかのはらのおべんとうや たねっぽのおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まんなかのはらのおべんとうや たねっぽのおはなし

  • 絵本
作: やすい すえこ
絵: 重森 千佳
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年09月21日
ISBN: 9784577045381

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

だんだん村のまんなか野原。
そこに、一軒のお店が立っています。
料理上手なアナグマ「あなパパさん」のお弁当屋さんです!

お料理上手なみんなのパパ、『あなパパさん』が活躍する、『まんなかのはらのおべんとうや』シリーズ第3弾。
今作では、だんだん村に秋がおとずれます。
そんな秋の森であなパパさんが出会うのは、ちいさな森の妖精「たねっぽ」たち。

ひつじおばさんの誕生日にむけてプレゼントを用意していたというたねっぽたちですが、どうやらトラブルがあって、てんてこまい!
働きづめで、おなかがペコペコのようです。
おなかが空いているのなら、あなパパさんの出番!
腕によりをかけて、秋の味覚をお料理します。

「まんなかのはらのおべんとうや」シリーズのみどころは、なんといってもあなパパさんの作るお弁当!
とても細かく描きこまれたお料理は、ながめているうちに味や匂いまでしてきそうです。
キノコやカボチャ、柿や鮭——
秋の食材をふんだんに使ったあなパパさんの新メニューの数々が……ああ、食べてないのにもう、おいしい!

色あざやかに描かれる、だんだん村の自然もみどころのひとつです。

紅葉で赤や黄色に染まった森。
木々のあいだをさんぽするトンボたち。
落ち葉のカーペットは、キノコやドングリで飾られています。

こんな景色のなかで、あなパパさんのつくるお弁当をもって、ピクニックができたらどんなにたのしいだろう——
そんな想像が、きっとこの絵本を宝物のような一冊にしてくれるはず。

さて、たねっぽたちの魔法のようなプレゼントを、ひつじおばさんはよろこんでくれるでしょうか?
とびっきりにおいしくて、きれいなラストシーンを、ぜひごらんください。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

だんだんむらに嵐がきた翌日。お弁当やのあなパパさんは、いいことをした人に素敵な種を届ける「たねっぽ」と出会います。やさしさがぎゅっと詰まったお弁当絵本です。

ベストレビュー

生きているって 本当に 素敵です♪

だんだん村に嵐がやってきた次の日にお弁当やのあなパパさんは「たねっぽさんたち」と、出会い、たねっぽさんたちが、ひつじおばさんのお庭にいっぱいの花を咲かせてくれたことに感謝です。ひつじおばさんのお誕生日にお花でいっぱいになったお庭に感動して、「生きているって素敵ね。」に、あなパパさんが「はい。生きているって本当に素敵です。」にも感動しました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


やすい すえこさんのその他の作品

まんなかのはらのおべんとうや そらのこのおはなし / まんなかのはらのおべんとうや / だいすきだから! / ふうふうふう〜 / とってもとってもいいきもち / だあれ?だあれ?

重森 千佳さんのその他の作品

たからもの みつけた! / おおかみだってきをつけて



>絵本エイド ―こころにひかりを―

まんなかのはらのおべんとうや たねっぽのおはなし

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット