くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ねんねねんね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねんねねんね

  • 絵本
作: 土屋 富士夫
絵: 千田たかみち
出版社: 女子パウロ会

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

一番最初に興味を持った絵本

娘が一番最初に興味を持った絵本です。初めて、最初から最後まで読んで(見て)いました。1歳になった今でも、読んでとせがみます。ボロボロです。

ぶたさん、ことりさん、わにさん、ぱんださんなどが登場し、最後は人間の子どもです。みんな、まだまだ眠たくありません。でもお父さんやお母さんが、抱っこしたり歌を歌ったりすると、だんだん眠くなってくるのです。

ほかの「ねんね」系絵本は、お母さんばかりのように思います。こちらは、お父さんも同じだけ登場します。

0歳で全然寝付けなかった時、この絵本を読んでから寝かせていました。効果的です☆

あとで知ったのですが、政井マヤさんも寝かしつけに使われていたようです:
(かむさいさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

土屋 富士夫さんのその他の作品

妖怪 いじわるスマートフォン / モンスタータウンへようこそ(3) モン太くん空をとぶ / 妖怪いじわるシャンプー / おっちょこちょいのオットさん / 妖怪 いじわるひょうしき / モンスタータウンへようこそ(2) モン太くんとミイラくん

千田たかみちさんのその他の作品

はーい! / みんないいこいいこ



「がまくんとかえるくん」シリーズ 三木卓さんインタビュー

ねんねねんね

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット