もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
くまのこライオン プース
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くまのこライオン プース

  • 絵本
作: にしむら もも
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年10月16日
ISBN: 9784097267355

3歳〜一般
AB判・32P

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ぼくのパパはライオンでママはくま

プースはライオンのお父さんと熊のお母さんから生まれたくまのこライオン。
お母さんは冬眠するので、冬のあいだはお父さんとふたりで過ごします。
お母さんが目を覚まして家族がそろう春になると、みんなでピクニックや川遊びに行ったりします。
妹のうららはお父さんにそっくりでお肉が大好きだけど、プースはお母さんに似ているのでお魚や木の実やはちみつが好き。
そして、つぎの冬はお母さんと同じように眠くなってきました…。
作者はドイツ在住のイラストレーターで、本書が絵本デビュー作です。
文化や性質が違う者同士がお互いを認め合い、尊重しながら暮らしていきたいという作者の願いを動物に託して楽しく描きます。
子どもから大人までそれぞれの価値観で味わうことのできる絵本。

くまのこライオン プース

ベストレビュー

ほのぼの家族

全頁試し読みで読みました。プースのパパはライオンで、ママはくまですが、喧嘩もするけど、仲良しのほのぼの家族だと思いました。ママが冬眠する前には、プースとおとうさんのマフラーや帽子を編んだり、冬中食べる焼き菓子や、保存食をたくさんこしらえてやっぱり家族のことを考えてから最後に自分用の蜂蜜を用意して冬眠するので感心しました。プースに妹が生まれてパパ似で、お肉好きで、家族が増えていいなあと思いました。プースは、ママ似なので、次の冬には、ママと二人で冬眠してるけれど、妹が生まれたのでおとうさんも寂しくないので、よかったなあと思いました。ごく普通の家族にみえました。プースの言うようにいつも春だったらいいなあと思いますが、春が待ち遠しくて春の訪れをなにより楽しみにしている家族だと思いました。春の描き方が素敵でした!
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。



「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

くまのこライオン プース

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット