6歳 夏のおけいこ 新装版 6歳 夏のおけいこ 新装版
編: 学研の幼児ワーク編集部  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
夏向け幼児教材売上No1!「できた!」「もっとやりたい!」が聞こえる夏に♪読者キャンペーンも実施中!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ポピっこあい(全4巻)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポピっこあい(全4巻)

  • 絵本
総合監修: 篠原菊紀
監修: 勝浦クック範子
出版社: 新学社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥3,400 +税

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年03月
ISBN: 9784786802058

各210×210mm、24ページ
『はじめての親えほん』ハードカバー
『こどもえほん@にこにこ ばあ』ソフトカバー 3か月〜1歳ごろ
『こどもえほんAちょうだい どうぞ』ソフトカバー 10か月〜1歳6か月ごろ
『こどもえほんBどこ どこ どこ?』ソフトカバー 1歳2か月ごろ〜2歳ごろ


出版社からの紹介

「ポピっこ あい」は、言葉を持たない赤ちゃんと上手にコミュニケーションをするためにつくられた新しいタイプの絵本です。赤ちゃんとの気持ちのやりとりは、言葉の発達につながる大切な土台づくりです。言葉を正しく使えるようになるのは4歳〜5歳ごろですが、生まれたときから人との関わりがなければ、言葉を話すようにはなりません。赤ちゃんは言葉のかわりに、音や表情、しぐさなどで、いろいろな合図を出しています。この合図の表現が育ち、感情が発達して、言葉の表現につながっていきます。「親えほん」を見ると、子どもの気持ちが「合図」として見えてきます。「子どもえほん」で気持ちのやりとり、ことばになる前の「会話」を楽しんでください。

ポピっこあい(全4巻)

ポピっこあい(全4巻)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


篠原菊紀さんのその他の作品

たんていクイズようちえん / たんていクイズ1ねんせい / あたまがよくなる!たいけつゲーム 1ねんせい / あたまがよくなる!たいけつゲーム ようちえん / あたまがよくなる!図鑑 / あたまがよくなる!いじわるなぞなぞ1ねんせい



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

ポピっこあい(全4巻)

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット