INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
みんな みんな いただきます
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みんな みんな いただきます

  • 絵本
作: パット・ジトロー・ミラー
絵: ジル・マケルマリー
訳: アーサー・ビナード
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年10月25日
ISBN: 9784776407812

6歳〜
ページ数:32p


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

アメリカの伝統的なお祭り「感謝祭」。日本人にはあまり馴染みのないお祭りですが、本国アメリカの人にとって、このお祭りはどうやら特別なイベントのようです。

感謝祭のその日、ワクワクする気持ちで鍋や料理器具を用意するお母さん。
ターキー(七面鳥)を焼くのはお父さん。
お姉ちゃんは手馴れた手つきでパンをこね、おじいちゃんはクランベリーソース、おばあちゃんはパンプキンパイを作る。
親戚のおばさんやおじさんも集まって、家族親戚みんなが1日がかりで感謝祭を作り上げていく。
みんなの作業を手伝いながら、誰よりワクワクしている少年の目線でストーリーは描かれます。

アメリカという国は、たくさんの開拓民が土地を切り開き、天災や不慮の事故などに見舞われながら少しづつ築かれていきました。
そんな歴史を積み重ねてきた彼らにとって、食べ物があるという事、家族がいるという事は、当然のようで、実は何よりもありがたい事。
感謝祭とは、その事を感謝する日・・・。苦難を乗り越えたからこそ生まれたこの祝日の意味はとても大きいものなのでしょう。

感謝祭ならではの献立も興味深く、ターキーにパンプキンパイにりんごジュースに、マッシュポテト!日本人がイメージする、いわゆる「ご馳走」とはちょっと異なるメニューの数々は、どれも感謝祭に絶対に欠かす事のできない料理たちなのでしょう。どの料理も最高に美味しそうに描かれ、食べてみたくなります。

家族みんなで料理を囲んだ記憶は、何物にも代えがたい。

感謝祭を知らない日本の子供達でも十分に楽しめ、共感することができるのは、この絵本の伝えたいことが、世界共通だから。

巻末の、訳者アーサー・ビナードさんの感謝祭に寄せる珠玉の文章も含め、感謝祭がどういったお祭りかを温かく伝えてくれる、繰り返し読みたい絵本です。

(福田亜紀子  元絵本編集者)

出版社からの紹介

なべをならべよう! 火をたこう! パンのきじをこねよう! にたり、やいたり、りょうりをどんどんつくるんだ。家族があつまって、ちからをあわせて過ごす感謝祭の一日を、素朴で味わいのあるイラストで描いています。感謝祭は、単なるイベントではなく、アメリカやカナダの人にとっては、生きていくための大切な行事。家族があつまって、みんなで料理をつくって、いっしょにいられる時間に感謝します。アメリカのミシガンで、感謝祭を経験してきたアーサー・ビナードが、その思いを伝えます。

ベストレビュー

特別イベント「感謝祭」

みんなでわいわい料理を作って、家族が集まって、「感謝します。一緒にいられることに、感謝します。家族でこの日を過ごせることに。」年に一度みんなでつくる、忙しくて楽しい感謝蔡。後書きを読むと、主人公の僕が、12歳の時に、父が飛行機の事故で亡くなったと書かれてました。父の担当の料理の煮豆をみんなで作った。家族で支えあってみんなで父親の分まで力合わせて生きていってほしいと思いました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


パット・ジトロー・ミラーさんのその他の作品

ソフィーと ちいさな おともだち

ジル・マケルマリーさんのその他の作品

木のすきなケイトさん

アーサー・ビナードさんのその他の作品

そもそもオリンピック / 父さんがかえる日まで / 紙芝居 ちっちゃい こえ / わたしの森に / ずっと ずっと かぞく / なずず このっぺ?


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > みんな みんな いただきます

【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

みんな みんな いただきます

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット