話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ワンダーサイエンス いきもの がっかり超能力図鑑

ワンダーサイエンス いきもの がっかり超能力図鑑

  • 児童書
監: 今泉 忠明
著: 川嶋 隆義
絵: 小堀文彦
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥990

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年11月13日
ISBN: 9784092591585

6歳〜16歳
B6判・160P

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

すごいけど、クスっと笑える生物の超能力

けなげに生きている動植物の能力や体のメカニズムの謎に、あくまでリスペクトをもって迫ります。単に面白がるだけでなく、その理由や仕組みも分かりやすく解説!

●アフリカゾウ……足の裏はやわらかくて超敏感。30キロ離れた場所にいる仲間とコミュニケーションをとることができます。でも1本でもけがをして立てなくなると、内臓が圧迫されて弱ってしまいます。

●セナガアナバチ……とても美しい姿の昆虫なのに、幼虫の餌はゴキブリ!? 母親はゴキブリの脳に毒針注射をうち、ゾンビ化させて操り巣へ歩かせて卵を産みつけるのです。

●センザンコウ……恐竜のような鎧で鉄壁の守りを誇るのに、人間にはあっさり捕まって漢方薬にされてしまいます。

そのほか、不老不死のベニクラゲ、はさみから衝撃波を発生させるテッポウエビ、頭が巣をふさぐドアになるタートルアント、強力な毒とレーダーをもつガラガラヘビなどにも、意外な弱点が!? すごいはずなのに、どこか“がっかり”してしまう超能力を、脱力系のイラストとともに紹介します。

ベストレビュー

大人が読んでも。

子供だけでなく、大人が読んでも、知識がつき面白い1冊に思いました。
こんなこと知らなかった!と思うことばかりで(笑)。
「さんねんなシリーズ」が子供たちに大人気で、こういう系の読み物が昨今たくさん出ていますね。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


今泉 忠明さんのその他の作品

おもしろい!進化のふしぎ ますますざんねんないきもの事典 / ネコのクイズ図鑑 新装版 / イヌのクイズ図鑑 新装版 / ゴリラはうんちを投げて愛を伝えるんだってよ!! チョーヤバイ!脱力系いきもの事典 / 動物 特別版 / 海・川の危険生物スペシャル

川嶋 隆義さんのその他の作品

ずかん宝石

小堀文彦さんのその他の作品

はっけんずかんプラス 深海の生き物 / はっけんずかん むし 新版


絵本ナビホーム > 児童 > 図鑑 > 諸芸・娯楽 > ワンダーサイエンス いきもの がっかり超能力図鑑

4月の新刊&オススメ絵本情報

ワンダーサイエンス いきもの がっかり超能力図鑑

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット