新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
おさるのジョージ ほんやさんへいく

おさるのジョージ ほんやさんへいく

  • 絵本
原作: M.&H.A.レイ
訳: 福本 友美子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥990

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年10月05日
ISBN: 9784001111149

4・5歳から
A4変・上製 ・24頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

きいろいぼうしのおじさんといっしょに、新しい本屋さんにやってきたジョージ。きょうは、だいすきな絵本の作家のサイン会があるのです。もう長い列ができています。でもお店には、おもしろいものがいっぱい! バナナケーキを食べられるカフェや、タワーのように背の高い本棚をみつけて、ジョージはじっとしていられません。

ベストレビュー

ペニーの本

おさるのジョージが好きな2歳の息子に一度読んだところ、内容を覚えていたようで、
「ペニーのほん、よんで。」と持ってきました。
息子にとっては、ペニーの本のようです。

図書館に行くお話も読みましたが、こちらは本屋さん(で催されるジョージが大好きな本の作者のサイン会)に行くお話です。
本屋さんなので、カフェが併設されていたり、本がオシャレに積まれていたり…と、図書館にはない部分が描かれています。

図書館のお話の方は、図書館でのマナーが学べますが、こちらにはそういう学びの要素はありません。
学びを期待される方は、図書館の話がオススメです。
純粋にお話を楽しむ目的であれば、どちらでも!!
とっても楽しくて、子どもに何度も読んでとせがまれました。
(うさぎのタンタンさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


M.&H.A.レイさんのその他の作品

おさるのジョージ うんどうかいにでる / おさるのジョージ とうひょうをする / おさるのジョージ バスケットボールをする / おさるのジョージどうぶつだいすき / おさるのジョージはいしゃさんへいく / おさるのジョージねむれないよる

福本 友美子さんのその他の作品

ほしのおうじさま / はたらくくるまたちのどうろこうじ / すうがくでせかいをみるの / どうぶつたちのあきのおたのしみって? / くろねこのほんやさん / どうなってるの?エンジニアのものづくり


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > おさるのジョージ ほんやさんへいく

『ふしぎな森のものがたり』あいはらひろゆきさん&ちゅうがんじたかむさんインタビュー

おさるのジョージ ほんやさんへいく

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット