もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ウサギのすあなにいるのはだあれ?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ウサギのすあなにいるのはだあれ?

  • 絵本
文: ジュリア・ドナルドソン
絵: ヘレン・オクセンバリー
訳: とたにようこ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年10月31日
ISBN: 9784198644994

3歳から
30cm・32ページ

出版社からの紹介

ある日、ウサギが、すあなの前までもどってくると、中から大きな声がした。
「おいらは、はらぺこぴょんがぶりん。ウサギの耳が大こうぶつ。ちょきんと切って、くっちゃうぞ!」
そこで、動物たちがあつまって、なぞのかいぶつ「ぴょんがぶりん」をやっつけようとするけれど…?
実力は絵本作家オクセンバリーによる、動物たちの表情が楽しい絵本。ラストが盛り上がるので、読み聞かせにぴったり!

ウサギのすあなにいるのはだあれ?

ベストレビュー

はらぺこ ぴょんがぶりん

ウサギが留守をしている間に、かえるの子供が巣穴に入って出てきません。「はらぺこぴょんがぶりん」と言って驚かすものだから、助けるネコ・クマ・ゾウまでが怖がってしまいます。でも、かえるのおかあさんだけは、やっぱりわが子だとわかって「はらぺこぴょんがぶりんのおやつのじかん」と言ってぼうやと去っていきました。みんな大笑いですが、耳をちょきんと切るとか、ネコの尻尾をプチンと抜くとか、クマの前足をぱくんとかみつくとか、でっかいゾウも大好物と聞くと怖がるものだなあと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジュリア・ドナルドソンさんのその他の作品

ネルはいぬのめいたんてい / 改訂新版グラファロ もりで いちばん つよいのは? / 改訂新版 グラファロの おじょうちゃん / 改訂新版 まじょとねこどん ほうきでゆくよ  / こえだのとうさん / チビウオのウソみたいなホントのはなし

ヘレン・オクセンバリーさんのその他の作品

ゆめみるじかんよこどもたち / 英日CD付 英語絵本 きょうはみんなでくまがりだ We’re Going on a Bear Hunt / ジャック船長とちびっこかいぞく / 大きくなるってこんなこと! / そとごはん / ダンスをならう

とたにようこさんのその他の作品

シンデレラのおしり / ねずみにそだてられたこねこ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

ウサギのすあなにいるのはだあれ?

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット