もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ヘビのレストラン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヘビのレストラン

  • 絵本
作・絵: 深見 春夫
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年10月23日
ISBN: 9784569787138

4〜5歳から
A4変型判 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

森の中でヘビがレストランを開きました。でも、ヘビには手がないので料理ができません。

最初にやってきたお客は、くいしんぼうのブタでした。「わたしの店では、お客さまに料理をつくってもらいます」とヘビが言うと、ブタは帰ろうとしました。ところが、「教えるとおりにつくれば、とびきりおいしい料理が食べられますよ」とヘビに言われて、ブタは料理をすることにしました。

はじめに、野菜が入ったかごを頭にのせて、「犬のおまわりさん」を歌いながらおどってくださいと言われました。ブタは言われたとおりに歌っておどりますが、大きな声でもっとニコニコわらってと、注文ばかりなのでブタは怒りだしました。するとヘビが、「ほっぺたがおちるほどおいしい料理が食べたくないのですか?」と言うので、もう一度やり直しました。ヘビはそれからも、逆立ちしながら変なおまじないをかけてなど、おかしなことばかりさせます。

ヘビのレストラン

ヘビのレストラン

ベストレビュー

面白いけどおいしくなさそう・・・

面白いような、かといって心の底からは笑えないような、不思議な絵本でした。

変な呪文を唱えるところなどは、へびが怒っているように読んだりすると、自分が怒られていることを思いだすのか、にやにや、クスクスと笑いながら聞いていました。
なべにむかって笑う、という発想も面白かったです。

玉ねぎとトマトの土星は面白かったけど、イマイチおいしそうに見えなかったなぁ・・・。

(ミキサー車さん 40代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

深見 春夫さんのその他の作品

じぶんで はなを かめるかな / The Ever-Growing Leg あしにょきにょき / みんなのいのちをまもる!交通安全紙芝居(全6巻) / 紙芝居 あそびながらあるいちゃだめ / あしにょきにょきときょうりゅう / おもちゃの かたづけ できるかな



『まなべる おかねとしゃかい』監修:あんびるえつこさん、Z会編集:七五三恭世さんインタビュー

ヘビのレストラン

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット