くろくまくん ぴかぴか はみがき くろくまくん ぴかぴか はみがき くろくまくん ぴかぴか はみがきの試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
上の歯しゅっしゅっ、下の歯しゃかしゃか。くろくまくんと一緒に、楽しく歯をみがこう!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
グリムのむかしばなし2
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

グリムのむかしばなし2

  • 児童書
編・絵: ワンダ・ガアグ
訳: 松岡 享子
出版社: のら書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年11月
ISBN: 9784905015352

小学中学年から
20×15p

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

『100まんびきのねこ』などで知られる絵本作家・ワンダ・ガアグが再話し、挿絵をつけた珠玉のグリムのむかしばなしの2巻目です。収録作品は、「ブレーメンの音楽隊」「ラプンツェル」「三人兄弟」「つむと杼と縫い針」「なんでもわかる医者先生」「雪白とバラ紅」「かしこいエルシー」「竜とそのおばあさん」「漁師とおかみさん」です。訳者の松岡享子さんによるあとがきでは、ワンダの生涯とグリムへの想いが解説されています。

ベストレビュー

このグリム作品に是非出逢ってほしいです!!

1に続き、この作品も楽しませていただきました
知っているグリムの話でも
スムーズに読めるのは
松岡さんの訳仕方のセンスと
思い入れなんでしょうね

私は、子どもの頃
「ブレーメンの音楽隊」って
年老いたら、捨てる・食べる!?
という人間の勝手さと
あれ?ところでみなさん
ブレーメンに行かなくていいの?
と、いう感想を持っていました

なんか、腑に落ちない というか

お姫様関連もそうです
都合がいいというか
でも、この作品には、きちんとした
理由というか因果関係があり
なるほど!と納得します

でも、私の頭が固いもんで
どうもすんなり笑えない
外国!?的思考といいますか
の内容のおはなしもあります
例えば、「かしこいエルシー」
え〜っ って思っちゃう
きっと、こども達は想像の世界で
おかしさを膨らませて
大笑いなんでしょうね

「雪白とばら紅」は「かえるの王子」と似ているけど
こちらは、子どもの頃から好きでした
小人=妖精・いい人 と思い込んでいた私に
ガ〜ンときたくらい
ひどい小人の登場でびっくり
それでも、やさしく接する二人に
なんて偉いんだろう!と純粋に感心したんですね
私もそうあろう!と(笑
かえるの王子さまの時は違うじゃないですか
人間のいやらしさが出ちゃうというか
それもそうなんだけど・・・
でも、やっぱり、こっちのふたりのきれいな心を持った
2人に憧れます
その気持は、おばさんになっても
変わりません(笑

巻末には、松岡さんによる
ワンダの生涯についても書かれています
ワンだが心血を注いだ作品に魅了されるのは
当たり前です!!

小学生には、出逢ってほしい2冊です
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ワンダ・ガアグさんのその他の作品

ワンダ・ガアグ グリムのゆかいなおはなし / ABCうさぎ / グリムのむかしばなし 1 / へんなどうつぶ / スニッピーとスナッピー / ワンダ・ガアグ若き日の痛みと輝き −「100まんびきのねこ」の作者が残した日記−

松岡 享子さんのその他の作品

ワンダ・ガアグの「グリムのむかしばなし」について / おぼえること(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ3) / 選ぶこと(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ2) / お話とは(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ 1) / りこうな子ども アジアの昔話 / サンタクロースの部屋



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

グリムのむかしばなし2

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット