新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ぼくの おおきさ

ぼくの おおきさ

  • 絵本
作: 殿内 真帆
監修: 高柳 雄一
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくの おおきさ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2017年10月19日
ISBN: 9784577045770

4歳ごろから
24×20cm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「おおきくなったねえ、トッチ」

おとなはぼくを見て、いつもそういう。
ぼくはいつだってこう思ってる。

「ぼくは、ぼくのおおきさだよ」

おおきいってなに?
ちいさいってなに?

ぼくはばあばに、きくことにした——

「お話を通して科学する心の芽を育む」はじめてのかがくえほんシリーズ第3巻。
素朴な疑問や簡単な想像から出発して、無限に広がる科学の海へと、やさしく手をとって案内してくれる、そんな作品です。

「とおくにあるものは、ちいさく見えるし、近くにあるものは、おおきく見える」
そうした人間の認知のふしぎから——
「もしも、体がとってもおおきくなっちゃったら、どうしようかな? とってもちいさくなっちゃったら、なにをしようかな?」
そんな楽しい想像あそびまで。

ちいさなハテナからはじまった、トッチとばあばの「おおきさ」をめぐる壮大なイマジネーションの世界!

「おおきいっておもしろい。ちいさいっておもしろい。それからときどき、ややこしい。どう見るかは、ぼくしだい!」

どうしておとなは、トッチに「おおきくなったね」なんていうのか。
その疑問に対するばあばの答えったら、なんだかかわいくて、とってもあたたかいんです。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

「おおきくなったねえ」。こう言われる度に、「ぼくは、ぼくの大きさだよ」と、思うトッチ。「大きい、小さいって、何だろう?」。物理的なもの、距離、感覚…さまざまな条件で変化する大きさの不思議を追います。

ベストレビュー

大きさって何?

「大きくなったねえ」と言われる度に「ぼくは、ぼくの大きさだよ」と、思うトッチ。大きい、小さいって、何だろう?物理的なもの、距離、感覚…さまざまな条件で変化する大きさの不思議を解き明かしてくれます。こういう身近な日常の疑問に目を向けることで、科学への興味が育つのですね。
(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


殿内 真帆さんのその他の作品

やっこさんの けんか / ひょうたんとかえる / 雨の日は、いっしょに / おそろしいよる / ぼくのなまえはへいたろう / みずたまり

高柳 雄一さんのその他の作品

これがきっかけ!ノーベル賞ずかん / フレーベル館の図鑑ナチュラ ふしぎをためす図鑑(1) かがくあそび


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ぼくの おおきさ

モニターの満足度100%! 子どもが100%楽しんで取り組んだ「Z会グレードアップカードとえほん」シリーズの実力@

ぼくの おおきさ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット