宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
2歳のえほん百科
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

2歳のえほん百科

監修: 榊原洋一
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年10月25日
ISBN: 9784062689816

95ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

20年近く親しまれてきたロングセラーのシリーズ「えほん百科シリーズ」待望の改訂版。
亀澤裕也さん、進藤恵子さんなど人気作家による親しみやすいイラストと写真素材がバランスよく詰め込まれ、絵本のような図鑑のような1冊です。

さこももみさんが描く「いただきます」「ごちそうさま」の“あいさつ”のページから始まって、果物・お菓子・野菜などの“たべもの”のイラスト、犬・ねこ・ぞう・きりんなど人気動物の写真の“いきもの”ページ。
動物の後ろ姿から「だれのおしり?」とクイズ形式の知恵遊びや、とり・むし・はなが写実的なイラストで何種類か描かれたページ。
“のりもの”は、乗用車の「ミニバン」「けいじどうしゃ」、救急車や消防車、新幹線や特急列車はもちろん、働く車も「かんこうバス」「タクシー」「ブルドーザー」「ショベルカー」など、充実した写真ページに!
一日の生活の流れをつうじて、あいさつ、きがえ、排泄、おふろ、はみがきなど、「自分でやりたい!」という気持ちを引き出すストーリーや絵で構成されています。

2歳はものの名前をどんどん覚え、身のまわりのものへの認識が広がっていく時期です。
動物、植物、乗り物、食べ物、自分の持ち物、家にあるものに感心が広がり、言葉が引き出されていく時期にぴったり。
「見たことある!」「これなあに?」と子どもが感じたり口に出したりすることで、親子の会話もはずみます。
“イヤイヤ期”と言われる時期であるとともに、「やりたい!」という気持ちがどんどんふくらんでいく2歳児。
自我が芽生える頃の、伸びやかな成長を後押しするためにも、ぜひ手にとってみてくださいね。

「えほん百科シリーズ」は、親子で読んでも、1人でめくっても遊べる充実の内容が、人気の秘密。
1歳・2歳・3歳・4歳と、年齢に応じて選べる知育絵本の決定版です。
お子さんの発達にあわせて楽しんでくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

2歳は言葉を獲得する大切な時期です。ものの名前や色、形など、子ども「これ、なあに?」にこたえる一冊。具体物だけでなく、あいさつや、大小にまつわる言葉などを、覚えやすいように絵と写真で表現していきます。
内容例:
食べ物
生き物
乗り物
身の回りのもの
あいさつ
生活習慣
からだ
いろ、かたち

ベストレビュー

もう直ぐ、3歳なのでしっかり答えれました

2歳11ヶ月の孫に選びました。「2歳のえほん百科」では、ちょっと遅いかなあとも思いましたが、本人にはとてもスムーズに答えられて褒めまくったので、彼も自信がついたようです。家族構成も絵本通りの6人家族なので凄くぴったりでした。(じいじ・ばあばは、除いて)ついでに、自分の名前も尋ねたら、ちょっと長いから答えられるかなあと思いましたが、しっかりと答える事が出来たので、来年からの保育園も安心です。カラフルで項目もいっぱいあって楽しめました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


榊原洋一さんのその他の作品

1歳のえほん百科 / 集中できない子どもたち ADHD(注意欠陥・多動性障害)なんでもQ&A



みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

2歳のえほん百科

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット