すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
サラとピンキー ヒマラヤへ行く
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サラとピンキー ヒマラヤへ行く

  • 児童書
作・絵: 富安 陽子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年10月24日
ISBN: 9784061957893

A5変型/80ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

みどりがおか三丁目の、まつしたさんの家の、サラちゃんのへやに、小さなおうちがたっていました。おうちといっても、それは、だんボールでできたおもちゃのうちです。
 おもちゃでしたが、そのうちは、サラちゃんのせたけと同じくらいの高さでしたし、大きなふたつのまどと、中に入るためのドアもついていました。
 そして、そのだんボールのおうちには、ピンキー・ブルマーというブタのぬいぐるみが、一ぴきすんでいました。 
 ピンキーは、とってもねぼすけで、いつもねむってばかりいましたが、サラちゃんがドアを三回ノックして、「あそびましょ。」って言うと、たちまち、パチッと目をさまします。
 それから ふたりは……というか、ひとりと 一ぴきは、いつもいっしょに、いろんなところにあそびにいくのです。(本文冒頭より)

今回のぼうけんは、ヒマラヤ! ふたりをまっていたのは、思いがけない出会いでした! サラとピンキーがおくるゆかいなものがたり第2弾!

ベストレビュー

パリへ行くの続編

図書館の新刊コーナーで読みました。
サラとピンキー パリへ行くの続編で、
今回はヒマラヤへ行きます。
サラちゃんとサラちゃんの部屋に住んでいる
ピンキー・ブルマーというブタのぬいぐるみさんは、
あんまり暑い日だったので
ちいさな飛行機にのって、ヒマラヤに行きました。
すると、ピンキーが、雪男の兄弟の罠にかかってしまったのです。
でもだいじょうぶ!
サラもピンキーもヒマラヤが楽しかったようです。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


富安 陽子さんのその他の作品

妖怪一家九十九さん 妖怪一家の温泉ツアー / 絵物語 古事記 / オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ / 妖怪一家九十九さん(6) 妖怪一家のハロウィン / サラとピンキー パリへ行く / スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ



あざやかな色彩と造形!赤ちゃん絵本の王道いないいないばあ

サラとピンキー ヒマラヤへ行く

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット