なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
やっぱり智さん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
オオカミのお札(1) カヨが聞いた声 ―江戸時代―
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オオカミのお札(1) カヨが聞いた声 ―江戸時代―

  • 児童書
著: おおぎやなぎ ちか
絵: 中川 学
出版社: くもん出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年09月
ISBN: 9784774326993

小学高学年
縦18.8×横12.7×厚さ1.0cm 重量:166g ページ数:112

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

オオカミは、人智を超えた存在として、祠(ほこら)にまつられた。

悪しきものをかみくだく神として。

ところが人の世には、彼ら以上におそろしいものがある。

オオカミを神としてあがめ、力を借りたいと思うほどのおそろしいものが。(序文より)


裏山の「大神さま」の祠を、代々守りついできた家系に生まれ、疫病の流行に苦しめられる江戸時代のカヨ、身近な人を戦争に送り出す第二次世界大戦時の正次、東日本大震災に大切な人を奪われる現代の美咲。

それぞれの時代の困難にのみこまれ、悩み、苦しみ、傷つきながらも、「大神さま」への祈りとともに懸命に生きる子どもたちの姿を描きます。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おおぎやなぎ ちかさんのその他の作品

オオカミのお札(3) 美咲が感じた光 ―現代― / オオカミのお札(2) 正次が見た影 ―戦時下― / しゅるしゅるぱん

中川 学さんのその他の作品

だいぶつさまのうんどうかい / しちふくじん / 夢はどうしてかなわないの? / 世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ / 化鳥 / 夢見の猫 風の犬宮



お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

オオカミのお札(1) カヨが聞いた声 ―江戸時代―

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット