貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
咸臨丸にかけた夢 幕末の数学者・小野友五郎の挑戦
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

咸臨丸にかけた夢 幕末の数学者・小野友五郎の挑戦

  • 児童書
作: 鳴海風
画: 関屋 敏隆
出版社: くもん出版

本体価格: ¥1,500 +税

「咸臨丸にかけた夢 幕末の数学者・小野友五郎の挑戦」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年10月
ISBN: 9784774327099

小学校高学年〜中学生
縦19.4×横13.5×厚さ1.9 重量:329g ページ数:208

出版社からの紹介

「大海原へ出たら測量と計算ができなきゃ、船は目的地へ着けねえ。それをするのはナビハートルの仕事だ。訳せば航海士だな。小野先生は立派な航海士になれるぜ」

幕末に、勝海舟、福沢諭吉、ジョン万次郎らを乗せて、太平洋を横断した江戸幕府の軍艦・咸臨丸。日本人の操縦による初めての太平洋横断という偉業を航海長として支えたのは、小野友五郎という数学者だった。

日本独自の数学・和算の才能を伸ばし、技術者として日本の近代化につくした数学者の生涯を描く。

得意な数学の才能を伸ばすことで、技術者として近代化に貢献し、日本とアメリカ、江戸と明治、和算と西洋数学の架け橋となった数学者・小野友五郎を主人公にしたはじめての児童書です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


鳴海風さんのその他の作品

円周率の謎を追う 江戸の天才数学者・関孝和の挑戦 / 星空に魅せられた男間重富

関屋 敏隆さんのその他の作品

鉄人衣笠 / りゅうじんさまは歯がいたい / 北加伊道 松浦武四郎のエゾ地探検 / 龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ / シーカヤックで いこう / 龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ



さがして、あそんで、ちょっとまなべる地図絵本

咸臨丸にかけた夢 幕末の数学者・小野友五郎の挑戦

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット