話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
のら犬 ボン

のら犬 ボン

  • 絵本
作: たじまゆきひこ
出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2017年09月
ISBN: 9784774327044

小学中学年から
縦25.1×25.7×厚さ1.0cm 重量:573g ページ数:48

出版社からの紹介

父さんの東京への転勤が決まり、飼い犬のボンと別れることになったとしお。
父さんは、友だちの家にボンをあずけると嘘をつき、橋の向こうの島に、ボンをすてた。

とりのこされたボンは、2匹ののらいぬに助けられて、島で生き始める。

しかし、車にひかれてけがをし、農家の人に見つかり、3匹は愛護センターにとらえられてしまう。

一方、再転勤でもとの家に戻ってきたとしおの家族は、島で必死にボンをさがしはじめるが…。

絵本作家たじまゆきひこが、淡路島の野良犬や、動物保護に関わる人々への取材をもとに描いた、犬と人の関係を鋭く問いかける感動作。
商品スペック・詳細情報

ベストレビュー

やっぱり悪いぞおとうさん

健気な犬のボンと、そのボンを嘘をついて捨てたお父さん。
ボンの苦労を知っているのは読者だけです。
ペットを捨ててしまうのは、家族を捨てること。
ボンと再会できたのは奇跡です。
捨てられ、死ぬほどの体験をした犬のボンが、ひたすらにとしおの家族にしっぽを振ることに感動がありますが、お父さんはやっぱり悪いと思います。
東京で失敗した理由も、そんなところかもしれませんね。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たじま ゆきひこさんのその他の作品

やんばるの少年 / いもさいばん / かんこうさんがふってきて / ふしぎなともだち / よしこがもえた / とこよのくにの うらしまさん



2月の新刊&オススメ絵本情報

のら犬 ボン

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 1
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット