季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
クマと森のピアノ

クマと森のピアノ

  • 絵本
作: デイビッド・リッチフィールド
訳: 俵 万智
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2017年10月03日
ISBN: 9784591155080

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


大賞決定!3600票を超える投票ありがとうございました

みどころ

ある日、森の中で、こぐまのブラウンは、へんてこなものを見つけます。

「なんだろう?」

ブラウンが気になって触ってみると…タン!
きいたことのない音がします。
その日から、ブラウンはこの「へんてこなもの」に夢中。
ちょっとずつ触っているうちに、どんどん沢山の音を出せるようになり、やがて、気が付くとブラウンの奏でる美しいメロディに仲間のクマたちが集まってくるようになっていたのです。仲良しのグレイもうっとりしています。

ある晩、偶然通りかかった人間の女の子とお父さんが、ブラウンの演奏を聴き、立ち止まります。そしてブラウンに言います。
「いっしょに街へいきましょうよ。街には音楽があふれているの。」
仲間のことを思い、迷いながらもブラウンは遠い街へ行くことにします。そこでブラウンは…?


森の中で美しい音楽を奏でていたブラウンが、やがて大きな街で夢を叶える瞬間。その心の高揚は、読者にもダイレクトに伝わってきます。大観衆の拍手だって聞こえてきます。何もかもがキラキラして眩しいような日々。憧れます。でも、その先に見えてきたのは、ブラウンにとって本当に大切にしたいもの。その道を通ってきた人にしかわからない答えなのかもしれませんね。読者はそれを温かく見守るのです。

このスケールの大きな設定、それでいて心にじんわり響く物語を描いたのはイギリスで話題となっている新人作家デイビッド・リッチフィールド。俵万智さんの翻訳で日本の読者に届くことになりました。シンプルな言葉の中から色々な種類の音が聞こえてくるようで、静かにじっくりと味わいたくなる1冊です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

クマと森のピアノ

出版社からの紹介

ある日、こぐまのブラウンは森のなかで、「へんてこなもの」を見つけます。やがて、ブラウンはへんてこなものを弾けるようになります。
偶然通りかかった人間の女の子とお父さんがブラウンの奏でる美しいピアノの音楽を聞きます。ブラウンはふたりと一緒に町へ行き、ピアニストとして大成功をおさめました。
でも、ブラウンは森と、友だちと、森のピアノが恋しくなり・・・。

ベストレビュー

あたたかい気持ちに

すてきな表紙にひかれて読んでみました。
大きく展開していく物語にひきこまれました。そして、どこにいても、つながっていられる大切なともだちっていいなあ、とあたたかい気持ちになりました。
森でかなでるブラウンのピアノ。やさしい音色がきこえてくるようでした。
(あんじゅじゅさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


デイビッド・リッチフィールドさんのその他の作品

クマとこぐまのコンサート / イヌと友だちのバイオリン / ちきゅう 45おく4,000まんねんの おもいで

俵 万智さんのその他の作品

ホスト万葉集 巻の二 コロナかも だから会わない好きだから コロナ時代の愛なんて クソ / ひかりのぼうけん / うまれてくれてありがとう / ドリー、泳ぎつづけてごらん / そだちノート / かえるの 竹取ものがたり


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > クマと森のピアノ

今月の新刊&オススメ絵本情報

クマと森のピアノ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット