まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おとえほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おとえほん

  • 絵本
作: エルヴェ・テュレ
訳: たにかわ しゅんたろう
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィークも配送実施
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2017年10月03日
ISBN: 9784591155400

出版社からの紹介

まるを さわってごらん? どんな おとが きこえてくるかな?
「まるまるまるのほん」シリーズでお馴染みの、エルヴェ・テュレ最新刊。今度の、テーマは「音」!
青いまるを指差しながら、ページをめくっていくと、「ぽん!」のリズム遊びをしながら、お話が進んでいきます。そこに、赤いまるの「ぱん!」が現れて、おしゃべりしたり、けんかをしたり、もうめちゃくちゃ。そこへ今度は、きいろいまるの「ふぁぅう!」がやってきて…。
色々な色や形のまるを押しながら、声を出して読むと、音の強弱や、語感、リズムなど、音の面白さを楽しめます。

ベストレビュー

どんな音が出てくるでしょう

かなりチャレンジ精神旺盛な、実験的絵本です。
「ぽん」の音の強弱、速い遅いでウォーミングアップした後は、どんどん音の種類、リズムが激化していきます。
成り行きで、意外な発展が楽しめそうですが、コントロールする読み手(?)の手腕も試されそうな絵本です。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エルヴェ・テュレさんのその他の作品

ボードブック まるまるまるのほん / あそぼ / まるまるまるのげーむ / いろいろいろのほん / ゆびむしくんのサーカス / さあ、しゅっぱつ!

たにかわ しゅんたろうさんのその他の作品

へいわとせんそう / そんなときなんていう? / おおかみだあ! / ふじさんとおひさま / いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー / ジョンくんえほん (1) ジョンのおでまし



林木林さん×ねじめ正一さん対談インタビュー

おとえほん

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.6

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット