ぱぱぱぱ ぱんつ ぱぱぱぱ ぱんつ ぱぱぱぱ ぱんつの試し読みができます!
作: うえだ しげこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
5月3日、上野の森親子フェスタでサイン会やりますよー!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

作: 西原 理恵子
出版社: 株式会社KADOKAWA メディアファクトリー

在庫あり

ゴールデンウィークも配送実施
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

もうすぐ、大きな帆をあげて、子どもたちの船が漕ぎ出していく。人生という航路に絶対安全はないからこそ、今、伝えておきたい。母から娘へ―厳しくもハートフルな生き方指南。
第1章 母と娘のガチバトル
第2章 スタート地点に立つために、できること。
第3章 夢見る娘とお金のハナシ
第4章 かあさんの子育て卒業宣言
第5章 巣立ちのとき
第6章 女の子が生きていくときに、覚えていてほしい5つのこと。
終章 女の子たちの“エクソダス”
[日販商品データベースより]
「エクソダス」というのは、聖書の「出エジプト記」に記された言葉で、多くの人たちが国境を越えて脱出すること。
もし自分が抜け出せなかったとしても、女たちは、次の世代、また次の世代に、希望を託してきた。
せめて子どもには、今の自分より、少しでも幸せな人生をあげたい。
それって、代々、ちょっとずつ、ちょっとずつ、糸をつむぐように、女から女へ橋渡しされてきた希望の種なんだと思うんです。
今の場所が最低だと思うなら、そこを抜け出す戦略を立てる。
それだけは、どうかやめないで――

大きな帆をあげて、水平線へと漕ぎ出していこうとする娘を見送る母が、今だからこそ、伝えておきたい大事なこと。
人生という航路に絶対安全はないからこそ、知っておいてほしい。
人生に向き合い、幸せを自分で取りに行くための、厳しくもハートフルな生き方指南。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西原 理恵子さんのその他の作品

あなたのことが だいすき / いきのびる魔法ーいじめられている君へー / <よりみちパン!セ> この世でいちばん大事な「カネ」の話 / 小説毎日かあさん 2 / 角川つばさ文庫 星の王子さま / 佐野洋子対談集 人生のきほん



寝ちゃうなんてもったいない!? 『ねたあとゆうえんち』大串ゆうじさんインタビュー

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット