新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

どんぐりと山猫

どんぐりと山猫

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 小林 敏也
出版社: パロル舎

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1979年05月
ISBN: 9784894190023

ベストレビュー

どんぐり裁判

小林敏也さんのライフワーク、
画本宮澤賢治シリーズの1冊。
少し文章が長い(音読で約15分)のと、難しい言葉があるせいか、
我が家の次男はちょっと挫折。
6年生になったら国語の教科書で宮澤賢治特集もあるので、
読めるようになるかな?
私は中1の時に文庫本で親しんだのですが、
この絵なら、どんぐりたちの騒々しさや山猫の威厳なども丁寧に描かれ、満足です。
絵の制作は山猫通信社、とあります。
やはり山猫への思い入れを感じます。
この山猫、とても迫力ありますもの。
もちろん、どんぐりたちも。

一郎に山猫から裁判の助っ人を頼むはがきが届きます。
一郎が出かけると、裁判は、無数のどんぐりたちの優劣の判定。
一郎は見事な判決を下します。
やはり童話の古典だけに、力強いものを感じます。

どんぐり、満喫してくださいませ。
(レイラさん 40代・ママ 男の子13歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮沢 賢治さんのその他の作品

ポラーノの広場 / 鳥箱先生とフゥねずみ / 春と修羅 / 雨ニモマケズ / 十力の金剛石 / 注文の多い料理店

小林 敏也さんのその他の作品

イオマンテ めぐるいのちの贈り物 / 猫の事務所 / ざしき童子のはなし / シグナルとシグナレス / 銀河鉄道の夜 / 土神と狐



【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

どんぐりと山猫

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット