すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
てつじんこさん 30代・ママ

遊びかた無限大
5歳の息子が楽しめそうだと思い購入しま…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
青のない国
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

青のない国

  • 絵本
作: 風木 一人
絵: 長友 啓典 松 昭教
出版社: 小さい書房

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「青のない国」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年04月18日
ISBN: 9784907474003

A5判ハードカバー/64ページ

みどころ

山のふもとの小さな町に、ひとりの男が暮らしていました。
ある日、見なれない植物を発見した男は、不思議と心惹かれ、自宅へ持ち帰って育てることにします。
宝物のように大事に世話をしたその植物は、やがてつぼみをつけ、花をさかせました。
その花は息をのむ美しさ。何色と呼んでいいかわからない、見ていると心が透き通っていくような色でした。

「これ……青じゃないか?」
花を見た男の友人が言いました。
「そんなバカな」
男は笑います。
なぜなら、この国では「青」は伝説の色、青い色そのものがこの国にはなかったのです。

うわさは瞬く間に広がりました。
花は、幻の「青い花」として国中で話題になり、男のもとにたくさんの人がやってきました。お金の話が舞い込んで、男の周囲は急に変わっていきました。
ところが、「青い花」フィーバーの真っただ中、あるニュースが流れ……。

「青」に右往左往する国民と、振り回される男。
現実の世の中にも同じようなことが日々あふれているというのに、おはなしで読むとなんと滑稽にみえるのでしょう。
けれども、男が最後にとった行動に、読者はハッとさせられます。
同じ価値観に流されがちな世の中で、あなたが本当に信じているものはなんですか? あなたは信念を行動に移せていますか? と問いかけられるのです。

中・高生向け全国学校図書館協議会選定図書。
「自分の大切なことは自分で決める」
生き方への悩みが増える思春期の子どもたちに手渡してあげたい一冊です。
そして時に迷う大人たちの心にもきっと響く、大人のための絵本でもあります。

人気絵本作家・翻訳家の風木一人さんと、2017年に逝去されたグラフィックデザイナー長友啓典さん、ブックデザイナーの松昭教さんがコラボレートして作った、「絵本」の枠を超えた一冊。
装丁も美しく、そっと本棚に置いておきたい絵本です。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

青のない国で静かに暮らす男。人と話すより花と話す方が好きだ。
ある日、山で見たこともない植物を見つけて、評判になる。
ところが…。男が最後にとった行動とは?
全国学校図書館協議会選定図書(中・高校生向け)。
大人向けとしても好評です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


風木 一人さんのその他の作品

いっしょにするよ / かべのむこうになにがある? / たまごがあるよ / ニワトリぐんだん / とりがいるよ / うしのもーさん



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

青のない国

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット