よるのわがしやさん よるのわがしやさん よるのわがしやさんの試し読みができます!
文: 穂高 順也 絵: 青山 友美  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
和菓子屋の5人(個?)の和菓子たちが、洋菓子屋をていさつに!?
森の小人さん 40代・ママ

1粒で2度美味しい☆
タイトルに惹かれ読み始めました。和菓子…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
きみ、なにがすき?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きみ、なにがすき?

  • 児童書
作: はせがわ さとみ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年10月
ISBN: 9784251011015

幼児・小学校低学年から
21×17cm/63ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

ともだちのために、なにかしてあげたいと思ったことはありますか?
このお話の主人公のあなぐまは、とってもともだち想い。けれどもその気持ちがなかなかうまく伝わらないようです。

ある日、草ぼうぼうの家の庭を見て、何か作りたいと考えたあなぐまは、こんなことを思いつきます。

「そうだ、はたけは どうだろう。おいしいものを そだててさ、
どっさりとれたら りょうりして、ともだちをしょうたいするんだよ」

早速、仲良しのこぶたが大好きなじゃがいもを植えようと考え、きっと喜ぶよ!と、もてなす時のことを想像して嬉しくなるあなぐま。そのイメージの楽しそうで可愛いらしいことったら!イメージするどの場面からも、ともだちを喜ばそうと一生懸命なあなぐまの様子が伝わってきます。けれどもあなぐまが作ろうと考えたものは、みんながたっぷり持っているものばかりでした。期待が全部外れて、庭に何を作ったら良いか分からなくなってしまったあなぐまに、はりねずみがこんな言葉をかけてくれます。

「そりゃあ あなぐま、きみのすきなものを なんでも。」
その言葉を聞いて、一晩じっくり作りたいものを考えたあなぐま。さて、いったい何を作ったのでしょう?

あなぐまの優しさと繊細な気持ちの揺れがじんわり伝わるお話を書かれたのは、はせがわさとみさん。色使いがきれいであたたかなタッチで描かれた絵もはせがわさんによるものです。途中出てくるあなぐまが歌う歌をはじめとして、声に出して読みたくなるリズミカルな文章もこのお話の大きな魅力です。

「きみ、なにがすき?」と、ともだちの好きなものを考える優しさもとっても大切だけれど、同時に自分の好きなものを考えるのも大事なこと、ということをやさしく伝えてくれるこちらのお話は、いつもともだちの気持ちばかり考えて、ちょっぴり自分に自信がない子が読んだら、その子の背中をちょっと押してくれるかもしれません。

さて、最後のページのあなぐまの様子はとっても幸せそう。いったいどんなことを考えているのか楽しく想像してみて下さいね。

(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

きみ、なにがすき?

出版社からの紹介

森の奥にすむあなぐまが、庭でともだちの好きなものをつくって喜ばせたいと考えます。じゃがいも、にんじん、りんご、木いちごと、つぎつぎに思いつきますが、そのたびに、ともだちはみんな持っていました。なにを作ればいいかわからなくなったあなぐまは、かんしゃくを起こしてしまいます。でも、はりねずみは「きみの好きなものをなんでも」、と優しい言葉をかけてくれます…。誰かにわかってもらえることがうれしくなるお話。

ベストレビュー

おともだちって、すてきだね。

7歳の娘と読みました。

主人公のあなぐまくんは、自分のおうちのお庭をなにかに有効利用したいと思い、
おともだちが好きなものを栽培することに来ました。

が、おともだちに会うたび、逆におともだちから
栽培したくだものやらをたくさんもらってしまうあなぐまくん。

私と、私そっくりの娘だったら
「うほーラッキー☆」と小躍りするところですが、
この本の主人公はとっても優しく、とっても真面目で、
とってもまっすぐなのです。
逆にもらいものをし続けて悲しくなってしまうあなぐまくん。

でも最後にきたおともだちのナイス助言で、
本当に素敵なお庭になり、ほっこりするエンドです。

おともだちって、素敵だね。
って、ココロがとっても暖まる絵本です。
寝る前に娘と読めてよかった☆
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

はせがわ さとみさんのその他の作品

どうぶつだあれかな / 紙芝居 じゅんびはいいかな?ひなまつり / かえるのラミー / こうくんとちいさなゆきだるまのなつやすみ / 紙芝居 にげだしたポケット / つきよのうた



未確認生物の正体は!?ねこに再び安住の時は訪れるのか

きみ、なにがすき?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット