宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
たぬきがのったら へんしんでんしゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たぬきがのったら へんしんでんしゃ

  • 絵本
作・絵: 田中 友佳子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年11月30日
ISBN: 9784198645199

3歳から
30cm・32ページ

関連するスペシャルコンテンツ


大賞決定!3600票を超える投票ありがとうございました


『たぬきがのったら へんしんでんしゃ』 田中友佳子さんインタビュー

出版社からの紹介

まじめさんは、まじめな電車。今日、はじめて「びっくり線」を走ることになりました。のりこんできたのは、温泉にむかう、たぬきの団体さん。ところが、ここはおかしなことが起こるびっくり線の線路。いろんなばけものが、あらわれます。そのたび、たぬきたちが「ぽんぽこー ぽん」とじゅもんをとなえ…? 次はなにがおこるかな? ページをめくるのが楽しみな、わくわくする絵本。

たぬきがのったら へんしんでんしゃ

ベストレビュー

何に変身するのかな?ワクワクする絵本

電車のまじめさんが、はじめて「びっくり線」を走ります。
お客さんは、たぬきの団体さん。線路にいろんな化け物が現れるたび、たぬきたちが「ぽんぽこーぽん!」と呪文を唱えて・・・。
次に何がおこるのかページをめくるのがワクワク楽しみなユーモアたっぷりの絵本です。
(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

田中 友佳子さんのその他の作品

こんた、バスでおつかい / にげだした てじなのたね / かっぱのかっぺいとおおきなきゅうり / こんたのおつかい



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

たぬきがのったら へんしんでんしゃ

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット