なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
コーベッコー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

コーベッコー

  • 絵本
作: スズキ コージ
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年12月01日
ISBN: 9784776408321

27p×27p 32ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

海を染める、輝く日の出に、風見鶏が「コーベッコー」。
コケコッコーでなくコーベッコー。「みんなおきろよ。港町に朝がきた」
風見鶏が朝のときをつげます。
不思議な宇宙望遠鏡をかついだクロメガネおじさんたちが、観覧車にのりこんで、朝のおひさまを「まじろまじろとしらべはじめ」、おひさまのほっぺのそばを通過中の金星を発見!
その金星はブルルンとおひさまにはねとばされて、ロッコーざんのみずうみにボシャーンと落ち、金星の口から出た船は女の子のヴィーナスカをのせて川をどんどんくだり、ヌノビキイのたきをすべりおり……鉄橋をすぎ、競馬場へ。

ヴィーナスカの旅は続きますが、ふと気づくとこの絵本、出てくるのは「神戸港(コーベッコー)」にゆかりのあるものばかり!
人気スポットの大観覧車、港を見下ろす六甲山。神戸市街地のすぐそば、布引の滝。神戸港ではかつて「1874(明治7)年にフランスの観測隊と清水誠が金星の太陽面通過を確認した」という歴史事実があるそう。国際的な競馬場も、生田川と三宮東門筋のあいだに存在したそうです。

遠い異国の絵画のような、煌びやかな喧噪に満ちた、スズキコージさんの絵筆が冴え渡る一冊。
見返しには神戸港の地図が描かれ、港のシンボルの風見鶏とヴィーナスカが、まるで神戸じゅうを案内したかのよう。
神戸にゆかりのあるものがストーリーに編み込まれた、不思議な絵本になっています!

朝日とともに色に染まる海と町。船の電飾や、町のあかりが輝く夜景……。『コーベッコー』を読むとその美しさをこの目で見たくなり、神戸に行ってみたくなります。
でも一方で、摩訶不思議な、世界のどこかの港町をめぐる気分で本書を楽しむのもおすすめ。
こんな絵本、見たことない! スズキコージさんの遊び心と、楽しい挑戦にあふれた絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

コーベッコーの港町に朝がきて、クロメガネおじさんたちが太陽を観測していると、
金星がボシャーンとおっこちてきて、ふねにのったビーナスカがやってきた!
ビーナスカが、三姉妹のいる滝を下り、蒸気機関車の走る橋を通り、競馬場に
到着すると、ビーナスカと握手したみんなは空へ舞いあがり…。
神戸在住の作者が、愛する港町・神戸に捧げる大迫力の絵本。

ベストレビュー

コーベッコー

久しぶりに神戸に行きたくなる絵本でした。スズキコージさんの芸術的な絵に、神戸を旅行したことが甦ってきました。コーベッコーと啼く風見鶏に納得でした(笑)いつまでもぼんやり眺めていたいちょっと強烈な絵にエキゾチックな神戸を思い浮かべている私でした。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


スズキ コージさんのその他の作品

やまのかいしゃ / ドームがたり / でんでんでんしゃ / らくごえほん 月きゅうでん / 3びきのくま / しりたがりやのこねこのポコ



「誰もが誰かの大切な人」米国で人気のシリーズ第一弾

コーベッコー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット