話題
パパおふろ

パパおふろ(文溪堂)

お父さんと一緒にお風呂に入りたくなる絵本

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ふくろうのそめものや

ふくろうのそめものや

  • 絵本
作・絵: 山口 マオ
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,210

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784790250630

2歳児から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

昔、真っ白な体が自慢だったカラス。でも、ほかの鳥たちがフクロウの染物屋からきれいな色に染めてもらって出てくるのを見て、自分も染物屋に出かけます。さて、どんな色に染めてもらうつもりなのでしょう。日本図書館協会選定図書。

ベストレビュー

優柔不断

カラスの色は、なぜ黒い?
多くの人が、聞き覚えのあるお話だと思います。
民話としては、浦島太郎・桃太郎・鶴の恩返しなどに比べると、代表的、というわけではないでしょうが、
意外とインパクトのあるお話、ではないでしょうか?

鳥の羽を綺麗に染めてくれるという、ふくろうの染物屋。
評判を聞きつけて、白い羽がご自慢のカラスがやってきます。
あの色にしようか、この色にしようか。
塗っている途中で、意見をころころ変えるカラス。
とうとうふくろうは腹を立ててしまいます。
「全部の色を使えば文句なかろう」と、いろいろな色を塗りつけられて、カラスはまっくろ…
だからカラスは真っ黒なんだって。

わがまま言っちゃ、いけません、という教訓の入ったお話です。
でも、これちょっぴり身につまされるなあ…
レストランの前で、さんざんあれ食べようか、これ食べようか迷ってうだうだ言ってる自分が重なります。
カラスも優柔不断だったんですね。
まあ、染めてる途中で言うのは反則でしょうが。

山口マオさんのお描きになったふくろうの、腹をたてた描写(よくない言葉で言えば、切れ具合?)が、ちょっと面白くて笑えます。

(ルートビアさん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

山口 マオさんのその他の作品

ねこのあいうえお あそぶため うまれてきたのさ ぼくはねこ / 紙芝居 ともだち おっとっと / シグナルとシグナレス / おれ、きょうりゅうしんかんせん / わにわにのえほんセット(5冊) / あむ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ふくろうのそめものや

『たんぽぽのちいさいたねこちゃん』なかやみわさんインタビュー

ふくろうのそめものや

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.35

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット