ロングセラー
どんぐりむらのいちねんかん

どんぐりむらのいちねんかん(学研)

プレゼントキャンペーン〆切迫る!あたらしい年に読みたい1冊!

  • 学べる
  • 役立つ
グレッグのダメ日記 にげだしたいよ

グレッグのダメ日記 にげだしたいよ

  • 絵本
  • 児童書
作: ジェフ・キニー
訳: 中井 はるの
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2017年11月
ISBN: 9784591156223

小2から小5
A5変型判/209mm x 147mm/223ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

冬休みに南の島のリゾートに行くことにしたグレッグの家族。寒さやストレ
スからのがれ、いやされたいと思っていた。ところが、そこは楽園かと思い
きや、ひどい日焼けをしたり、おなかをこわしたり、危険生物がいたり、と
バカンスはめちゃくちゃに……!?

ベストレビュー

南の島なんか、最悪だ。

【内容】
グレッグのダメ日記、第12弾。
クリスマスに南の島へ家族旅行に行くグレッグ一家。うちでいつも通りのクリスマスを過ごしたい次男のグレッグは、いやいや両親の決定に従い、大嫌いな飛行機に乗り込むが…
毎ページ、とんでもないトラブルが起きる、愉快な家族の絵日記。

【感想】
グレッグ(次男)のダメさ加減が半端じゃない。家族は父、母、長男、次男(グレッグ)、赤ちゃんがいるが、全員曲者。自分のやりたいことを全面的に主張して、それが正しい事だと信じ切ている。家族を持つと、いろんな苦労が発生するな、とよくわかる。皮肉とユーモアがたっぷりで、トラブルばっかりで、ぜんぜんいい事がない。全員がトラブルの原因になっている。
アメリカの雰囲気が感じられる(両親が場所をはばからずイチャイチャしていたり)。母がクリスマスカードに家族の写真を使いたがり、執念深くいい写真を撮ろうとするのが大迷惑。父親は自分だけ飛行機のファーストクラスに乗っていて、他の家族がエコノミークラスで窮屈な思いをしているのは全く無視。兄は、旅行先であばずれ女に引っかかり、赤ちゃんは存在そのものがトラブル…不思議なくらい、この作品にでてくる赤ちゃんは、よく書かれていない。作者は赤ちゃんに個人的な恨みでもあるのだろうか。しかし、赤ちゃんが周りの人に迷惑をかけてしまうのは仕方ないことだが。容赦なく、家族のダメな部分、情けない部分を描いている。いい作品だと思う。ダメな人しか出てこないところが最高だ。

この本を読んで、子どもの頃は海外に家族旅行に行く友達がうらやましかった事を思い出した。いやいや、ぜんぜんうらやましくないな。こんなにトラブルばかりなら、どこにも行かない方がましだなあ。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

ジェフ・キニーさんのその他の作品

グレッグのダメ日記(16) はじめて、あじわえたよ / ロウリーのいい子アドベンチャー / グレッグのダメ日記 なんとかなるさ / ロウリーのいい子日記 親友グレッグの伝記 / グレッグのダメ日記(既刊14巻) / グレッグのダメ日記 ぶっこわしちゃえ

中井 はるのさんのその他の作品

SCIENCE AND ME わたしの科学 ノーベル物理学・化学・生理学医学賞 13人の発見と生きかた / ローズ姫と黄金のめがね / バッドガイズ(1) / ディズニームービーブック ソウルフル・ワールド / 子どもを守る言葉「同意」って何? YES、NOは自分が決める! / ねむねむさんがやってくる 眠りが訪れる話


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > グレッグのダメ日記 にげだしたいよ

えほん新定番 from 好書好日

グレッグのダメ日記 にげだしたいよ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット