話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
ぼくたちが越してきた日からそいつはそこにいた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくたちが越してきた日からそいつはそこにいた

著: ローダ・レヴィーン
絵: エドワード・ゴーリー
訳: 柴田 元幸
出版社: 河出書房新社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年09月
ISBN: 9784309277530

A4変形 ● 32ページ

出版社からの紹介

犬に名前をつけることって、難しい! 少年と大きな犬との触れあいを描いた古典的名作。心温まる物語に、なんとゴーリーがイラストを担当、多才な彼のタレントの一面が見える絵本。

ベストレビュー

最後まで気になりました

{ぼくたちが越してきた日から、そいつはそこにいた}に、始まりどうしてほしいのか?誰かを待っているのか?気になって最後を知りたくて急いで読みました(笑)最後には、犬は、自分の名前を当ててほしいのかなあと思ったり、家族の一員になるのかなあと思ったり最後まで気になりました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エドワード・ゴーリーさんのその他の作品

キャッツ ポッサムおじさんの実用猫百科 / むしのほん / 蟲の神 / 悪いことをして罰があたった子どもたちの話 / 輝ける鼻のどんぐ / ジャンブリーズ

柴田 元幸さんのその他の作品

ホーム・ラン / ブルックリン・フォリーズ / 改訂増補新版 エドワード・ゴーリーの世界 / サンセット・パーク /  / 『ハックルベリー・フィンの冒けん』をめぐる冒けん


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 絵画・彫刻 > ぼくたちが越してきた日からそいつはそこにいた

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

ぼくたちが越してきた日からそいつはそこにいた

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット