うまはかける うまはかける うまはかけるの試し読みができます!
文: 内田 麟太郎 絵: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ナンセンス絵本の決定版!
ヒラP21さん 60代・パパ

いろんな「かける」
「うまは駆ける」、「うま歯欠ける」と言…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ぼくのともだちカニやまさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのともだちカニやまさん

  • 絵本
作・絵: ニシワキタダシ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年12月09日
ISBN: 9784569787206

B5判変型上製

出版社からの紹介

道を歩いていると、カニみたいな人がともだちになってくださいと、ハサミになった手をだしてきました。ぼくは、はさまれるのがイヤだったというのもあったけど、まったくだれかわからないので、「きゅうにはムリだよ」と、手をかくしました。すると、「困ったことがあったら言ってください」と言うので、おなかがすいていたぼくは、食べものがほしいと言いました。すると、カニみたいなひとは、「カニやまです」と自己紹介してきました。

 カニやまさんは、「ビビビビビー」と手からギザギザした光を、落ちている葉っぱに向けてだしました。すると、葉っぱが味つけのりに変わりました。おなかはみたされないけれど、「やるな!」と思いました。次に、バッグを家に忘れたので「ものを入れることができるバッグがほしい!」と言うと、カニやまさんは、また手からギザギザした光を今度はぼくに向かってだしてきて……。

 人気イラストレーターがおくるユーモア絵本。

ぼくのともだちカニやまさん

ぼくのともだちカニやまさん

ベストレビュー

ニシワキタダシさんの絵本!

なんとも不思議なおはなしです。
ニシワキタダシさんの著書を持っていますので、絵本になるとどうなるのかな?と興味があり読みましたが、
絵本でも変わらないニシワキタダシワールドが繰り広げられていました!
絵本としては斬新な、クスッと笑える要素がちりばめられた一冊です。
(なーお00さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ニシワキタダシさんのその他の作品

かきくけおかきちゃん / えでみる あいうえおさくぶん / 浦島太郎が語る浦島太郎 / つけたしことばの本 / ドアのノブさん / おのまとぺの本



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

ぼくのともだちカニやまさん

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.89

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 2
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6



全ページためしよみ
年齢別絵本セット