くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
こめとぎ ゆうれいの よねこさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こめとぎ ゆうれいの よねこさん

  • 絵本
作: えばたえり
絵: 小林ゆたか
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年12月
ISBN: 9784776408413

25×19cm/32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

この町には、よねこさんという、おばあちゃんの姿をしたゆうれいがいる。
あちこちの家にあらわれては、
「明日の米、といだか?」
といってお米をといでいくという。

そして、とうとうぼくの家にもよねこさんが!

シャッ、シャッ、シャッ
シャッ、シャッ、シャッ

てぎわよくお米をとぐよねこさんと、山盛りに炊きあがるごはん!
はじめは怖かったけど、毎晩お米をとぎにきてくれるよねこさんのことが、ぼくはなんだかにくめない。
でも、いつもお釜いっぱいにお米をといでくれるものだから……うっぷ、もうお米でおなかいっぱい!

「第33回 日産 童話と絵本のグランプリ」、童話部門大賞受賞作。
毎晩お米をとぐためだけに、お墓から化けて出るゆうれいのよねこさんが、とってもチャーミングな一冊です。

よねこさんってば、ゆうれいだからか、どこかぼーっとしていて眠そうだし、顔色も悪いし、はじめはあまりかわいげなくも見えるのですが――
口をきゅっと結んでいっしょうけんめい米をといだり、神社の神主さんを前に汗だくで目を回したり、思いがけずにぎやかな表情を見せてくれるよねこさんに、いつしか夢中!

日本の食文化とは切っても切れない「米とぎ」。
冷たい水は手にいたいけれど、リズミカルな乾いた音がおもしろく、感触も独特で、なんだか気持ち良いですよね。
やり方を工夫すればかなり小さな子でも楽しみながらできる家事のひとつでもあるので、よねこさんを読んで、お米というもっとも親しみ深い食に触れ合うきっかけとしてみるのはいかがでしょう。

それにしても、どうしてよねこさんは、毎晩お米をとぎに出てくるのでしょうか?
その秘密が明かされたとき——
頬を染めてはにかむよねこさんのことが、もっと愛おしく思えているはず。

(堀井拓馬  小説家)

ぼくのうちに、こめとぎゆうれいのよねこさんがやってきた。
よねこさんは、おばあちゃんのゆうれいだ。
おこめをとぐために、町中のあちこちの家にあらわれる。
よねこさんは家にくるなり、小さな声で
「明日のこめ、といだか?」ときき、
お母さんがこわごわ「まだです」と答えると、手際よくおこめをといだ。
それ以来、よねこさんは、毎晩かならずやってきて、おこめをといで帰っていくようになり・・・・・・
ユーモラスでユニークなお話。
第33回日産 童話と絵本のグランプリ童話大賞受賞作品

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!



さがして、あそんで、ちょっとまなべる地図絵本

こめとぎ ゆうれいの よねこさん

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット