しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
子ネコのスワン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子ネコのスワン

  • 絵本
作: ホリー・ホビー
訳: 三原 泉
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年12月25日
ISBN: 9784776408116

4、5歳から
246×246ミリ 32ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

あれ? ママはどこ? おにいちゃんやおねえちゃんは、どこにいったの?
ぼく、ひとりになっちゃった。

ある朝、目覚めると家族が消え、ひとりきりになってしまった、都会暮らしの子ネコ。
ママは、どこにもいない。あっちもこっちも、こわいものがいっぱい。
あぶない目にあいながらもなんとか切り抜け、毎日を生き抜く子ネコ。
それでもあるとき、とうとう子ネコは思います。
もう、だめかもしれない……

その日から、子ネコの毎日はがらりと変わっていくのです——

都会の真ん中で突然ひとりになってしまったか弱い子ネコが、やがて運命的な出会いを経て「スワン」と名付けられ、あらたな日常を得るまでを描いた一冊。

特別大きな山場がある物語ではありません。
後半はあらたな家族のなかでスワンが過ごす穏やかな毎日について描かれていて、物語として動きがあるのは主に前半部です。
それでも、読み終えたあとにはたしかに、あたたかくおおきな感動が胸を満たしています。

あたらしい家族のなかで、少しずつ天真らんまんに、いたずらっぽく変化していく「スワン」。
それが、雨にぬれながら目を見開いて怯え、やせ細った体で捨てられた缶詰を漁る「子ネコ」として描かれていた前半との対比で、強く胸を打ちます。

そして、なんといってもこの作品は、写実的に描かれたスワンのさまざまな表情や仕草がみどころ!
じっと蝶を見つめるその瞳や、飼い主の枕元に身を寄せ眠る姿の、かわいいことといったら。
ネコの魅力を現実以上に描き出しているイラストレーションだといっても、過言ではありません。
なにせいっとき、私は自分が犬派だと忘れてしまうほどでしたから!

ネコ派のあなたにもイヌ派のあなたにもオススメの、あたたかくかわいい一冊です。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

家族とはぐれ、ひとりぼっちになってしまった子ネコ。
街をさまよい、困りはてていたところをやさしい人たちに助けられます。
どこかに連れていかれたかと思うと、たくさんのネコたちのいるオリの中へ。
そしてある日、新しいところへむかえられます。

みんなが、ぼくにむかって、「スワン」っていう。
「スワン」って きっと、ぼくのことなんだね

保護されたネコが、ある家族と出会い、安住の地を得るまでを
ネコの視線でやさしく描きます。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ホリー・ホビーさんのその他の作品

サンタクロースとあったよる / ホリーのゆめ / トゥートとパドル ぼくたちのホワイト・クリスマス / トゥートとパドル だから きみが だいすき / トゥートとパドル きみがそばにいてくれたら / トゥートとパドル ダフネちゃんとオパールちゃん

三原 泉さんのその他の作品

アルバートさんと赤ちゃんアザラシ / あらいぐまのヨッチー  / 手と手をつないで / クリスマスイヴの木 / こちょこちょがいっぱい! / さかさんぼの日



【連載】「ポニー・ブックス」シリーズ 編集者・佐々木さんインタビュー

子ネコのスワン

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット