新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
羅生門

羅生門

  • 絵本
絵: 竹内 浩一
文: 小沢 章友
出版社: アートデイズ

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1999年11月
ISBN: 9784900708594

28 x 22.2 x 1.4 cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

平安京の南側の正門である羅城門は、羅生門ともいわ れ、物語や謡曲などの舞台として多く取り上げられてきた。平安京の中央を南北に通じる朱雀大路の南端に、二層の楼閣がそびえており、妖怪や鬼がすむといわれる不 気味な雰囲気の場所として登場する。原典は、芥川龍之 介『羅生門』のもとになっている、平安時代後期に書かれた説話の集大成『今昔物語集』巻第二十九。
  摂津の国(今の大阪府北部と兵庫県南東部)から京へ出てきた男がいた。戦や飢饉で、食べるものさえ事欠く毎日。都へ 行けばどうにかなるだろう、と男は考えた。しかし、羅生門まで来てはみたものの、泊まるあてもない。寂れた 門をうろついていると、二階の方から物音が聞こえてきた。おそるおそる梯子を登っていく。一体誰がこんなところにいるというのだ。首をのばして中を覗いてみる。 そこで男が目にしたものは...。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 十二支のお雑煮
    十二支のお雑煮
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    十二支の動物たちが、思い思いにお正月を楽しみます。最後は、みんなでお雑煮をいただきます。

小沢 章友さんのその他の作品

最強戦国武将伝 織田信長 / ギリシア神話 / 講談社 青い鳥文庫 おもしろい話が読みたい!(ワンダー編)



今月の新刊&オススメ絵本情報

羅生門

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット