まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
スウェーデン・サーメのむかしばなし 巨人の花よめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

スウェーデン・サーメのむかしばなし 巨人の花よめ

  • 絵本
作: 菱木 晃子
絵: 平澤 朋子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年01月01日
ISBN: 9784776408369

3歳から
29×22p 32ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

ヨーロッパの北には、サーメとよばれる先住民族が住んでいます。
サーメ人の男「ネイネ・パッゲ」には大事なものがふたつありました。
ひとつは飼っているトナカイたち。もうひとつは、ひとりむすめの「チャルミ」。
チャルミはとても美しく、かしこい女の子です。
ある日、チャルミは、山の上に住むおそろしい巨人に見初められ、求婚されてしまいます。
サーメの人たちを苦しめる巨人から、親子は逃れることができるのでしょうか。

この絵本のおはなしは、スウェーデンのラップランド地方を舞台としたサーメのむかしばなし”Stalobruden”を再話したものなのだそう。
物語のなかで、チャルミと巨人との知恵比べが、生き生きと描かれます。

「冬には気温が零下数十度までさがる、雪と氷におおわれた原野でのくらしは、とくにむかしの人にとっては、つねに自然の脅威をかんじる命がけの日々であったでしょう。
ですから、このおはなしをはじめ、サーメのむかしばなしにたびたびでてくる巨人は、ときに容赦なく人々の命やくらしをおびやかす存在という意味で、自然の脅威の象徴ととらえることができます。その力の大きさをしりつくしているからこそ、サーメの人たちはむかしから主人公チャルミのように、知恵をしぼり自然とむきあってきたのでしょう。また、たのしいむかしばなしを語りつぐことで、きびしいくらしをゆたかな気もちできりぬけてきたのかもしれません。」
――――「あとがき」より

美しく親しみやすいことばでサーメの物語を再話するのは、『パパが宇宙をみせてくれた』(BL出版)や『おじいちゃんがおばけになったわけ』(あすなろ書房)など、北欧の児童書を中心に翻訳を手がけている 菱木晃子さん。

物語を、柔らかなタッチと美しい色彩の絵で彩るのは、平澤朋子さん。
極寒の北の風景、トナカイたち、色鮮やかなサーメの民族衣装の模様……、
生活の道具や衣装の小物など、ページはすみずみまでみどころがたくさん!
平澤さんは、絵を描くにあたって、実際に厳冬のラップランドへ足を運んだのだそうです。
その空気が本の全体に息づいているような、きりっとした存在感のある一冊です。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

北欧の少数民族・サーメ人に伝わる、恐ろしい巨人に、賢く美しい娘が知恵と勇気で大奮闘するお話です。数多くのスウェーデンの児童書翻訳を手がけてきた菱木晃子さんの親しみやすい再話と、平澤朋子さんの繊細かつダイナミックに描いた楽しい絵本となりました。

ベストレビュー

チャルミの賢明さと勇気に救われた サーメの人々の暮らし

スウェーデンの先住民族 サーメの人々は 厳しい自然の中で トナカイを遊牧して暮らしています
民族衣装がすごく色鮮やかで かわいいのです
チャルミはとってもかわいい女の子 それに賢明なんです

さて 山の上に住む 怖い巨人は  村人達を襲って 苦しめていたのです
怖い巨人は チャルメのお父さんに 「おまえの娘を およめによこせ」と言うのです 

お父さんの悩みを知り チャルメは 巨人のお嫁さんになると「だいじょうぶ  どうしたらいいか  あたしには ちゃんと考えがあります」

なんと 勇気のある女の子でしょう!

そして 恐ろしい巨人との 交渉が始まります
怖くて恐ろしい巨人 でも・・・・ なにかしら 間抜けなところがあるんです(ここが 笑えます)

どんな風に巨人を 退治したか ハラハラドキドキしながら お話の世界に入っていました(ドラマのようでした)

チャルメの賢明さと勇気は すごい! 
それは このお話を読んでのお楽しみです

絵もとっても きれいで 巨人の怖さが 見事に描かれていて 引き込まれます

後書きを読むと サーメの人々の暮らしが良く分かります
厳しい自然とのたたかい トナカイから受ける 恩恵  このようにして サーメの人々は暮らしているのが良く分かりました

皆さんにお奨めします!
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


菱木 晃子さんのその他の作品

ピッピ南の島へ / ピッピ 船にのる / 長くつ下のピッピ / チャルーネ / のんびり村は大さわぎ!  / トムテと赤いマフラー

平澤 朋子さんのその他の作品

しずかな魔女 / モノ・ジョーンズとからくり本屋 / クルルちゃんとコロロちゃん / もうどう犬べぇべ / 唐木田さんち物語 / キミがくれた希望のかけら



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

スウェーデン・サーメのむかしばなし 巨人の花よめ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット