新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
みんなのチャンス ぼくと路上の4億人の子どもたち

みんなのチャンス ぼくと路上の4億人の子どもたち

  • 絵本
著: 石井 光太
出版社: 少年写真新聞社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2014年10月
ISBN: 9784879815002

B5横判  40ページ カラー 上製本

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ぼくたちは、本当は多くのチャンスを持っている。作家・石井光太が写した世界の子どもたちの姿と、日本の子どもたちにおくるメッセージ。

ベストレビュー

私たちができること

子どもが夏休みの人権作文の宿題が出来ないので、何かないかと思っていた矢先に目について手に取った写真絵本です。

別に我が家は金持ちではなく、どちらかというと中の下の生活をしていると思うのですが、それでも何かに欠けているわけではありません。
そんな中に育った子供に、人権について書けと言われても、結局、人権という言葉の意味すらはっきりと捉えられていないので、「書けない、書けない」と大騒ぎするのは、ある意味至極当然かなと妙に納得してしまいました。

それでも宿題はしなければいけないし、そろそろ、自分がどれだけ恵まれている環境にいるかを自覚しなくてはいけないと思い、少しだけ手伝うことにしたわけです。

この本を選んだのは、写真を使っているので、否応が無く他の国々の人々の生活を垣間見ることができ、そして自分の生活との違いをはっきりと感じられることができるからです。
でも、この本のもっとすごいところは、「だから恵まれているんだ」とか、「そういう人々のことを考えろ」というような説教っぽい、言葉は悪いですが、押し付けがましい偽善的なところがないところです。

私たちには様々なチャンスがあり、それを最大限生かして生きていけば、しいてはそれがよりよい社会を作り出すことになると結ばれています。

全ての人が、他の誰かの為に何かをするなんて無理なことです。大人の私には、残念だけれどそういうものだとしか言えません。でも、その中の何人かが、よりよい社会を作りたいという気持ちを持つにいたる、これがとても大切なことだと思うのです。そして、出来れば、自分の子供がそういう人の一人になればいいなと。

そんなことを伝えてれた本です。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石井 光太さんのその他の作品

地球村の子どもたち 途上国から見たSDGs 全4巻 / 地球村の子どもたち途上国から見たSDGs 4 マイノリティ / 地球村の子どもたち途上国から見たSDGs 3 / 地球村の子どもたち 途上国から見たSDGs (1) 格差 / それでも生きる 国際協力リアル教室 / 赤ちゃんをわが子として育てる方を求む


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > みんなのチャンス ぼくと路上の4億人の子どもたち

えほん新定番 from 好書好日

みんなのチャンス ぼくと路上の4億人の子どもたち

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット