まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
しあわせのはね Reprint edition
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しあわせのはね Reprint edition

  • 絵本
著: 田中 伸介
出版社: 文芸社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年12月15日
ISBN: 9784286193250

判型:A5上/ページ数:82

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】文字がないからこそ物語を想像して感動できる一冊

出版社からの紹介

モノクロで綴られた感動作。老夫婦がある日みつけた黄金の羽を持つ犬との交流を描いた文字のない絵本。読み進んでいくうちに笑顔が泣き顔に変わります。そして最後にあなたはどんな表情をしているでしょうか──?文字がないからこそ物語を想像して膨らませることが出来る一冊。

ベストレビュー

想像してごらん

背中に羽のある犬がいたら、空を飛んでみたいと思うかもしれない。
空を飛んだらどんな世界が待っているのか、想像してごらん。
この文字のない絵本は、そんな冒険を体験させてくれる。
子犬はわんぱくで、いたずら盛りで、好奇心が強いから、困ったことも起こるかも知れない。
それでも、犬は飼い主に従順で、飼い主のために命を投げ出す動物だと言うことを忘れては行けない。
背中に羽のある犬がいたらという仮設で成り立ったこの物語は、羽のある子犬たちが誕生して終わる。
ここから先は、読者ひとりひとりのイマジネーションの世界で語って欲しい。
そう言って絵本から放り出されたような気がした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


田中 伸介さんのその他の作品

しろ(原作:芥川龍之介) / きんいろのはね 復刻版 / なくしものくじら / ネコとツリー / クモノス / ありがとうさようならベス


絵本ナビホーム > 一般 > 絵本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > しあわせのはね Reprint edition

【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

しあわせのはね Reprint edition

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット