宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
にゃん にゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にゃん にゃん

  • 絵本
作: せな けいこ
出版社: 福音館書店

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年01月15日
ISBN: 9784834083620

2才から
ページ数:24ページ/サイズ:22×21cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

白、黒、トラ、ミケ、ブチのこねこたちが、いっしょに遊ぼうと抱っこした女の子の腕から逃げだします。駆けていった先で待っていたのは、お母さんねこ。こねこたちは、にゃんにゃんにゃんと嬉しそうにおっぱいを飲みます。貼り絵で表現されたねこたちが魅力的な絵本です。

ベストレビュー

カラフルな子猫たち

ここには、白、黒、茶と黒のぶちが入った三毛と、灰色に黒のぶち、トラ柄と、5種類の柄の子猫が登場します。
みんな可愛いです。
最初に登場した「おおきいねこ」がお母さんねこだったんですね。
みんな青いリボンをつけているから、飼い主は同じ家の人なんだろうとは思っていたけど、茶色の猫からこんなにカラフルな子猫って、生まれる確率あるんでしょうか。
このお話しばかりは、せなさんちょっと盛りましたね。と、思ってしまいまいました。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


せな けいこさんのその他の作品

うさぎのまじっく / たぬきちのともだち / まほうつかいと ねこ / わたしゃ ほんとに うんが いい / おばけのばあ / もみの木



『100円たんけん』<br>岡本よしろうさんインタビュー

にゃん にゃん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット