宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
だるまちゃんとかまどんちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だるまちゃんとかまどんちゃん

  • 絵本
作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年01月15日
ISBN: 9784834083736

小学校初級むき
ページ数:32ページ/サイズ:20×27cm

この作品が含まれるシリーズ


>>絵本ナビ限定マグカップ販売中♪



>>「だるまちゃん」グッズはこちら

出版社からの紹介

「だるまちゃん」シリーズの最新刊です。今回のだるまちゃんのお相手は「かまどんちゃん」。かまどんちゃんは、いつも隅っこのほうで草や花を使って、おいしいままごと料理を作ってくれる、静かな女の子です。ある日、だるまちゃんが女の子たちとままごと遊びをしていると、どこからかこげたにおいがしてきました。見まわすと、近くの家からけむりが出ています。だるまちゃんはかまどんちゃんと一緒に、火元を消そうと奮闘します。

ベストレビュー

かまどんちゃんの正体は

だるまちゃんとかまどんちゃんと子どもたちの遊ぶ様子が描かれます。
いつもいつの間にかおままごとに加わっておいしいものを作ってくれるかまどんちゃん。あるとき、民家の火事をだるまちゃんが見つけ、かまどんちゃんがいち早く消火にかかります。
かまどんちゃんは昔話(言い伝え)に基づいて創られたキャラクターのようです。かこさとしさんの絵が、かまどんちゃんにぴったりだと思いました。
(じっこさん 30代・ママ 女の子6歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

加古 里子さんのその他の作品

いろいろ おにあそび / たこ / でんとうが つくまで / 加古里子のかがくの世界 あそびとくらし 絵本セット / だんめんず / ごむの じっけん



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

だるまちゃんとかまどんちゃん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット