新刊
ごんぎつね

ごんぎつね(ポプラ社)

いたずらばかりしているきつねのごんは、兵十のたいせつなうなぎを盗んでしまいます。その後、ごんは兵十のために罪のつぐないをするのですが・・・。

明日をさがして

明日をさがして

  • 児童書
編集: 日本児童文学者協会
装丁・デザイン: 牧野 千穂
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,200 +税

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2018年02月06日
ISBN: 9784035397106

小学校高学年から
22cm×16cm /286ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

90年代から2000年代へ、社会はますます生きにくさを深めてきたように思えます。 -中略- 「明日」が見つからないことは絶望ではありません。作品の子どもたちは、「明日」の代わりに、別の、彼らなりに大切なものを見つけているからです。
 それは、どんなに社会が変わってしまっても変わらないもの。たとえば、「風」や「音」といった身体から心に伝わる感覚です。-中略-いろいろな「風」や「雨」、「音楽」や「音」が大切な場面に描かれていて、ドキドキしたり、ほろっとしたりと、読者の心を揺らします。そうした読者も共有できる感覚を呼び覚まされることが、日常物語のもうひとつのだいご味です。(解説より)

<収録作品>

長崎夏海「Little Star」「フォールディングナイフ」
伊沢由美子「走りぬけて、風」
あさのあつこ「ぼくらの足音」
越水利江子「あの日のラヴソング」

ベストレビュー

子供にも大人にも。

1冊に4つの物語が書かれた本です。
小学校高学年くらいの読書にもぴったりに思いました。
誰にもあるようか感覚にどこか共感を覚えたり、キュンとしたりほろっとしたり、そんな物語たちです。
子供だけでなく大人が読むのにもいいかも知れません。
穏やかな日常のありがたさを感じながら。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぼくの席がえ
    ぼくの席がえ
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    海くんのことは、まだよく知らないのに、席がえでとなりの席になって……。

日本児童文学者協会さんのその他の作品

夕暮れ時のキョーフ / 真昼のキョーフ / 夜明け前のキョーフ / 真夜中のキョーフ / やがて、物語は逆転する / そして、物語は決着する

牧野 千穂さんのその他の作品

みつきの雪 / ちびねこのチュチュと、スプーンのあかちゃん / 迷い道へようこそ / 友だちになる理由 / きのうまでにさよなら / ここから続く道



今年2回目の西日本新聞社オススメ児童書コンテスト開催♪

明日をさがして

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット