いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
マルコとパパ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マルコとパパ

  • 児童書
作・絵: グスティ
訳: 宇野 和美
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年02月06日
ISBN: 9784035316503

小学校中学年から
25×19cm/145ページ

みどころ

身近にダウン症のお友だちがいない子どもたちや大人たちにとっては、「ダウン症」は実はわからないことだらけのような気がします。
そんな時にであったこの本に衝撃を受けました。
『マルコとパパ』は、本といっても、物語でも絵本でもなく、ひたすら記録された日常のスケッチブック。
そこにあるのは、偽りのない、苦悩している正直なパパの姿とあどけない可愛いダウン症のぼく。100ページ以上にわたる愛情の記録でした。

パパの描くスケッチを見ていると、
まるで会ったことのないマルコくんが知っている友だちのように思えてきます。
写真よりなによりも、パパのスケッチが、息子の生きている瞬間を逃すまいと、マルコくんの全てを心の眼でつかまえているのか伝わります。

言葉で伝えるよりもこんなにも力強いメッセージがあるということ。そしてたくさんの人がこの本の存在を知ることができたらいいなと思います。

パパが本の中で書き記したメッセージが、心に響きます。

「これでいいんだと。
 それだけじゃない。このほうがよかった、
 いや、これがいちばんだ、と、わかったんだ!」

(富田直美  絵本ナビ編集部)

マルコとパパ

マルコとパパ

出版社からの紹介

ダウン症のある息子マルコとの関係を、ラテンアメリカ出身のイラストレーター・グスティが、父親の視点から、かざらない言葉と、ユーモアあふれるイラストで誠実に描きだした作品。

最初は受け入れられず、困惑するだけだった自分のこと、家族や周りの人たちの言葉、ありのままのマルコを愛するようになったこと、マルコのお気に入りの遊びやさりげない日常の一コマ、そしてマルコをはじめ障害のある子ども・人々と共に生きることの意味が、シンプルな言葉と、見るものの心をつかむイラストレーションで綴られる。

本書は世界的に高い評価を得ており、2016年にボローニャ・ラガッツィ賞障害の本部門最優秀賞受賞するほか、ミュンヘン国際児童図書館推薦図書ホワイト・レイブンや、IBBY障害児図書資料センター推薦図書などに選ばれている。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グスティさんのその他の作品

ハエくん / テントのガールフレンド / テントがとってもこわいもの / テントはあかちゃんじゃないよ / テントとおともだち / テントのちいさなは

宇野 和美さんのその他の作品

あしたのための本(1) 民主主義は誰のもの? / あしたのための本(2) 独裁政治とは? / あしたのための本(3) 社会格差はどこから? / あしたのための本(4) 女と男のちがいって? / おにいちゃんと ぼく / スペイン・カタルーニャのむかしばなし まめつぶこぞう パトゥフェ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

マルコとパパ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット