これなんなん? これなんなん? これなんなん?の試し読みができます!
作: くりはらたかし  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
タヌキの島に流れ着く、さまざまな人間の道具。何に使うもの? タヌキたちは物知りな長老に質問しますが、長老の答えは…?
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
最後のオオカミ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

最後のオオカミ

  • 児童書
作: マイケル・モーパーゴ
訳: はら るい
絵: 黒須 高嶺
出版社: 文研出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年12月30日
ISBN: 9784580823372

小学中級から
A5判/112ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「私の祖先はどんな人なのか?」

みずからのルーツを探り、家族の出自を過去へ、過去へと調べていくマイケルは、ロビー・マクロードという名の祖先が遺した遺言書にたどりつく。

「今ある私のすべて、人生のすべては、最後のオオカミのおかげである」

そこには、おどろくべき悲惨な歴史の記述が残されていた。

両親を知らず、飢えと暴力に怯え、やがては愛を知り、しかしそれも戦争に奪われて……
貧困と戦争に翻弄され、イギリス軍から追われる身となったロビー少年が出会った、一匹の幼いオオカミ。

「その日から、食べ物はいつも二人分、生きていくわけも、二人分になった」

イギリス軍に追われる少年と、人間から忌み嫌われるオオカミ。
敵だらけの世界で隠れるように暮らすふたりに、やがて冬までもが迫り来る……

貧しさから盗みをはたらき、ときには腐った食べ物さえ口にして飢えをしのいだ、幼い日。
大自然のなかで共に狩りをし、いっときの自由を謳歌した夏。
きつく、賃金の安い仕事にありついて、密告に怯えながらも懸命に働いた秋。

自分が当事者ではなくとも、自分の祖先をたどっていけば、そこにはロビー少年とオオカミのように、大きく歴史の動いた瞬間を懸命に生きていた誰かがいたのかもしれない。
この作品を読んで、そんなふうに思いを巡らせました。

そこには悲惨な戦争があり、歴史的な飢饉があり、大きな天災があったかもしれません。
そのなかで、それぞれが懸命につないできた命が今の自分につながっている――

ロビー少年とオオカミの友情が胸を打つのもさることながら、みずからの家系をたどるという導入でこの物語を飾ったのは、作者マイケル・モーパーゴもまた、そういう奇跡に思いをはせていたからではないでしょうか。

歴史の奔流のなかで身をよせあい、全力で生きるふたりの姿に、強く心動かされる物語です。
そして、祖先がたどった激動の歴史を知った老マイケル・マクロードが、遺言書に記された最後の地で出会ったものとは?

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

マイケル・マクロードは、孫娘から教わったパソコンで自分の家系を調べているうちに、ひいひいひいひいひいおじいさんのロビーが残した遺言書に出会う。それは「最後のオオカミ」と題された希有の回想録だった。

ベストレビュー

自分のルーツ

美術館付きの作家(というのがすごいと思ったのですが)が
一枚の絵をヒントに書き上げた物語だそうです。
完全な空想でなく史実からひいたこともあり
その下調べが、物語に厚みを持たせています。

一人の少年が、生き延びるため海を渡るのに
一匹の狼がクロスオーバーする。
狼との別れ、家族の誕生
児童書ゆえあっと読めてしまうボリュームですが
とても奥深い作品でした。
ふと、自分のルーツについて考えました。
(やこちんさん 50代・ママ 女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マイケル・モーパーゴさんのその他の作品

おじいちゃんが のこしたものは… / たいせつな人へ / トンネルの向こうに / 弱小FCのきせき / 図書館にいたユニコーン / ミミと まいごの赤ちゃんドラゴン

はら るいさんのその他の作品

地獄坂へまっしぐら! / きみの声がききたいよ! / ぼくって女の子?? / カティーにおまかせ! / 思い出のマーシュフィールド / どうしてぼくをいじめるの?

黒須 高嶺さんのその他の作品

知らなきゃよかった世界の大偉人展 / 五七五の秋 / ぼくのジユウな字 / 秘密基地のつくりかた教えます / なみきビブリオバトル・ストーリー2 決戦は学校公開日 / パイロットのたまご



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

最後のオオカミ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット