いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ばいかる丸
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ばいかる丸

  • 絵本
著: 柳原 良平
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年12月31日
ISBN: 9784265062119

幼児

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


【連載】「ポニー・ブックス」シリーズ 編集者インタビュー

出版社からの紹介

「ばいかる丸」は大正10年に客船として生まれました。
その後商船となり、戦争に巻き込まれ…と、出会った様々な出来事を話してくれます。

幻の絵本シリーズ、ポニー・ブックスの中の1冊、1963年刊の復刻版。
ポニー・ブックスは、1960年代、一流の漫画家、イラストレーターが絵とお話の両方を手がけたことで
話題をよんだ絵本シリーズ。
製本、用紙、文字、色味、等、なるべく当時の風合いを再現して復刊しました。

ばいかる丸

ベストレビュー

復刻ありがとうの本。

船好きで知られる柳原良平さんの絵本です。
1965年に出版された本の復刻版だそうです。
「大正10年。今から40年いじょうも前の話です。」
で始まります。
大正10年は、1921年。
実際は、今から100年近くも前の話でした。

神戸造船所で生まれたばいかる丸は、
大連へとお客さんを運びます。
800人ものお客さんが乗る大型船でした。
戦争が始まると、黒く塗られ、病院船となり、
中国からけが人を運びました。
戦争後半は、国際赤十字の船となり、今度は白く塗られ、
昭和20年、大分県沖で機雷に触れて大穴があいてしまいます。
戦後は、瀬戸内海にて船員の学校の寄宿舎に、
昭和24年からは、捕鯨船に、
最後は冷凍船へ、生まれ変わります。

ばいかる丸自身が「ワタシは、」と、
自分の歴史を一人称で語ります。
時代とともに変化していく日本の様子や、
自身の姿が、丁寧な文章と詳細の挿絵でつづられています。

船好きの息子はもちろん、
特段船好きではない私も、感情移入してしまいました。
船を愛する柳原良平さんならではの絵本、
ほんとうに素晴らしい絵本でした。
復刻してくれて、本当によかった本。
ありがとうございます。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柳原 良平さんのその他の作品

貨物船のはなし / ミニえほん やさいだいすき / ミニえほん かお かお どんなかお / あのほしなんのほし / 十二支のしんねんかい / どんぶらどんぶら七福神



『100円たんけん』<br>岡本よしろうさんインタビュー

ばいかる丸

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット