スパゲッティがたべたいよう スパゲッティがたべたいよう
作: 角野 栄子 絵: 佐々木 洋子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
おばけのアッチは、とてもくいしんぼ。ある日、夕やけの空をとんでいると、下のほうからとてもいいにおいがしてきました。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―

  • 絵本
再話: ミナ・ジャバアービン
絵: ユージン・イェルチン
訳: 山口 文生
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年01月20日
ISBN: 9784566080317

小学校低学年〜
28.5×23.5cm 32ページ

出版社からの紹介

大商人のアフマドが、インドから連れてきた大きな生き物。村人たちは、くらやみの中で生き物にさわって「ヘビのよう」「木の幹みたいだ」「扇のようだ」と大騒ぎ。だれも自分の意見を曲げません。さて、本当はどんな生き物だったのでしょう? ペルシャの詩人ルーミーの詩をもとにした、ゆかいなお話です。

ベストレビュー

エキゾチックな挿絵

ペルシャの詩人ルーミー詩を基にした再話です。
古代ペルシャの細密画も織り込んだエキゾチックな挿絵で引き込まれました。
終盤の有り様は、人間の愚かさを暗示。お話も面白かったです。
巻末の作者のあとがきでは、この寓話に込められた思いが語られています。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子11歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • ゆき
    ゆきの試し読みができます!
    ゆき
     出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    雪が降るとだれもがくちずさむあの歌が、はたこうしろうさんのイラストで絵本になりました。

ユージン・イェルチンさんのその他の作品

アルカーディのゴール / スターリンの鼻が落っこちた

山口 文生さんのその他の作品

みなみへ / 英日CD付 英語絵本 きょうはみんなでくまがりだ We’re Going on a Bear Hunt / プーさんと であった日 世界でいちばん ゆうめいなクマのほんとうにあったお話 / あぶないよ、ふわふわケムちゃん! / 大きくなるってこんなこと! / やんちゃもののおでましだい



ママ・パパが感動で涙。全米100万部突破の絵本、ついに邦訳!

くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット