まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ママが10にん!?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ママが10にん!?

  • 絵本
文: 天野 慶
絵: はまの ゆか
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ママが10にん!?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年01月25日
ISBN: 9784593563289

4、5歳〜
240×210o 32ページ

出版社からの紹介

ママは、いっつも忙しそう。あーあ、ママが10人いたらいいのになぁ。そしたら、ひとり目のママはぼくと遊んでくれて、ふたり目のママは面白い本を読んでくれて、3人目のママは歌を歌ってくれて、4人目のママは……。って、どんどんママが増えちゃった!?

ベストレビュー

子どもが願うママなのかな

この本は、ぼくの願望からでてきたママたちのお話です。
ママっていつも忙しい。いつもつきっきりではいてくれない!だから・・・とぼくは「○○なママ」、「○○してくれるママ」を次々と登場させます。みんなそれぞれ役割があって面白い!そして最後には10にんのママがぼくのとりあい!?・・・けど最後はちゃんと一緒におやすみできて安心。寝る前のトーナメント戦には驚きました。
子どもは色んなママがでてきて大喜び。10にんのママが仲良くしているページに「○○のママは?みんないる?」と全員いるか確認していました。子ども目線のママもいれば、おしゃれしてるママやお仕事を頑張っているママもいて面白かったです。
私がしてあげたいのは1番目のママです。けど実際やらなきゃいけないのは10人分の役割を小刻みにやっていくことなのかな・・・・とも思いました。
10人の自分がいたらとっても便利でしょうね!じっくり子どもとも向き合えそうですし。自由に動くママたちの姿を見て、ちょっと息抜きできたような感じがしてよかったです。
(えなびぃさん 40代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


天野 慶さんのその他の作品

やだやだパパやだ! / みんなの百人一首 / 国語であそぼう!(5) 百人一首・短歌・俳句 / だめだめママだめ! / はじめての百人一首

はまの ゆかさんのその他の作品

まめちゃんとまじょ / きょう なにしてた? / つきみだんご / へたなんよ / 小学校の生活 / ココアラ



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

ママが10にん!?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット