たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
おばあちゃんとおんなじ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばあちゃんとおんなじ

  • 絵本
作・絵: なかざわ くみこ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年03月13日
ISBN: 9784033328300

4歳から
27cm×21cm/32ページ

みどころ

「なっちゃんは、おばあちゃんによく似ているなあ」

おじいちゃんにいわれて、なっちゃんはちょっと困り顔。
おじいちゃんたら、へんなの。
わたしとおんばあちゃん、ぜんぜんにてないのに。

「そうだ! なっちゃんに、〈ないしょのいいところ〉教えてあげる」

お買い物の途中、おばあちゃんはそういって、木のすき間に入っていってしまいます。
なっちゃんもおそるおそる、そこをくぐってみると——

なんと、一面のタンポポの花!
そこで、おばあちゃんの話してくれる子ども時代の話を聞くうちに、なんだかなっちゃん、ふしぎな心持ちになってきました。

「へーえ! おばあちゃん、子どもだったんだね!」

なっちゃんのそんなセリフが、とても印象的な一冊。
幼い感性から出た言葉のように思えて、しかし考えてみれば、私自身おとなになった今でさえ、両親や祖父、祖母の子ども時代を想像するのはむずかしいものです。

子どものころにおばあちゃんが好きだった場所で、おばあちゃんの思い出話を聞くうちに、おばあちゃんも自分と〈おんなじ〉子どもだったと知るなっちゃん。
そんななっちゃんのおどろきと、ちょっと気恥ずかしいようなうれしさとが、みずみずしく胸に染み入ってきます。

「そうだ、思い出した。おばあちゃんの子どものころも、こんなふうにタンポポがきらきらしてたよ」

ページの隅々まで細かく描き込まれた、木々の葉っぱの緑や、タンポポの花の黄色は、おばあちゃんのそのセリフのとおり、きらきらと輝いて見えるほどにあざやかです。
でもいちばんのみどころは、子ども時代のおばあちゃんとなっちゃんとが見せる、ほんとうにそっくりなその笑顔!
多くの言葉をもちいずに、家族の温かさを深く描き出した、心温まる作品です。

(堀井拓馬  小説家)

おばあちゃんとおんなじ

おばあちゃんとおんなじ

「おばあちゃんによく似てる」といつもいわれているなっちゃん。「わたしって、おばあちゃんみたいなかおしてるかなあ…」と、ちょっと疑問におもっています。ある日おばあちゃんといっしょにお買い物にでかけて、迷子になりかけたなっちゃん、おばあちゃんのないしょの場所を教えてもらうことになって……。
ふたりのやりとりがなんとも微笑ましくなる、しみじみあたたかな一冊です。

ベストレビュー

おばあちゃん、幸せだなあ・・・・・

孫のなっちゃんもおばあちゃんと過ごすのが、嬉しいように、おばあちゃんも孫と一緒にいられてとても幸せだなあと思いました。ごく、普通になにげない会話もいいなあと羨ましく思って読みました。とても丁寧な絵も好感が持てました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


なかざわ くみこさんのその他の作品

かあさんのまほうのかばん / さがしえ12つき / なぞなぞのみせ



母であることのすべてがつまった、一生の宝物になる絵本

おばあちゃんとおんなじ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット