まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
おやすみなさいの おともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おやすみなさいの おともだち

  • 絵本
作: ハインツ・ヤーニッシュ
絵: バーバラ・ユンク
翻訳: 斉藤 洋
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年12月14日
ISBN: 9784062831116

24

みどころ

表紙の女の子は、おやすみの前の暗闇を、なんだかこわがっているみたい。
ページをめくると、明るい緑の画面いっぱいに、やさしそうなおおおとこが描かれます。
おおおとこは、小さなサボテンに、小さな赤いじょうろで水をあげています。

「ねる まえに こわく なったら、おともだちを よぼう。」
たとえば……ねむらない、おおおとこ。
おまつりのこびとたち。
みどりのぐるぐるリュウに、くすぐり羽根!

言葉だけじゃきっとわからない。
絵本を見たら、陽気でふしぎな「おともだち」がどんどん出てくることに、わくわくして楽しくなってしまうでしょう。
いやなことは、みどりのぐるぐるリュウにまきとってどこかにポイ!してもらい、くすぐり羽根にくすぐり飛ばしてもらえたら?
うーん、安らかであたたかい気持ちで眠れそう。

しあわせのねこ、ひかりのとり、よるのたき……。
その豊かなイマジネーションの世界に心がふるえます。
独特の世界観や色づかいのなかに、たしかに「おともだち」がいることを感じられるような気がします。

オーストリアの児童文学作家、ハインツ・ヤーニッシュと、ドイツのイラストレーター、バーバラ・ユンクのコンビがつくり出す、ふしぎな「おともだち」に魅せられる絵本。
だれかが見守ってくれている……。そんなしあわせな夜の記憶の1ページをつくってくれそうな絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ねるまえに、こわくなったら、ともだちをよびましょう。おおおとことか、ぐるぐるりゅうとか、しあわせのねことか、ふわふわライオンとか、みんなともだちだから、まもってくれます。

ベストレビュー

寝る前に怖くなったら、お友達を呼ぼう

「寝る前に怖くなったら、お友達を呼ぼう」と、いうものでした。

眠らない大男で、あったり。

お祭りのこびとたち。

みどりの ぐるぐる竜。

くすぐり羽根。

磁石の火山。

ピエロの絵描き。

しあわせのねこ。

光の鳥。

夜の滝。

そんなことを想像していたら、ふわふわライオンが来る頃には

眠くなって、あくびが ふわーい・・・・・・・・

大男が寝ないで見守ってくれています。でした!大男は、きっと

いつも見守ってくれる存在の人なんでしょう・・・・・と、納得して

読んでいる私でした。誰にでも見守ってくれる人がいると思いまし

た。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ハインツ・ヤーニッシュさんのその他の作品

ノアの箱舟 / フリードリヒばあさん / つばさをちょうだい / はらぺこくま / ばたん! / ティル・オイレンシュピーゲルのゆかいないたずら

斉藤 洋さんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / 火星のカレー 宇宙人たちのひみつ / 西遊記(13) 風の巻 / らくごで故事成語笑辞典 / ナツカのおばけ事件簿 (17) 暗闇の妖怪デザイナー / オリンピックのおばけずかん ビヨヨンぼう



『焼けあとのちかい』<br>半藤一利さん 塚本やすしさんインタビュー

おやすみなさいの おともだち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット