まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
もうちょっと もうちょっと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もうちょっと もうちょっと

  • 絵本
文: きむら ゆういち
絵: 高畠 純
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年02月10日
ISBN: 9784834083798

4才から
32ページ/26×20cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

木登りのできないコブタはりんごが木から落ちてくるのをじっと待ちました。ついにりんごがポトーン、「やったあー!」と、喜んだのもつかの間。リンゴは岩の穴のなかにコロコロコロ。コブタは岩の穴のなかに手をのばしました。「うーん、もうちょっと もうちょっと……」「あっ!」反対にりんごを押してしまいました。そこにサルが通りかかりました。「なに、りんごがころがっちゃったって? よし、おいらにまかせな」……。

ベストレビュー

あるあるこんな経験

読んでいて、「あるあるこんな経験」と、思いました。

コブタさんは、木登りができないから、木の林檎を、ずっとずっと

ずっと林檎が落ちるのを待っていたから、鼻にあたって岩の穴の

中に、コロコロコロと転がっていったときは、悔しかっただろうなあ

と思いました。手で林檎を反対に押してしまった経験はあるだけ

に、もどかしく思いました。本当に、「もうちょっと もうちょっと・・・」

ですね!みんなで林檎が食べれたオチが、よかったです。
(押し寿司さん 70代以上・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きむら ゆういちさんのその他の作品

花のすきなおおかみ / あそべるおもちゃ / どうぶつのおもちゃ / しゅっぱーつ / 短編集 あらしのよるに / パパトラ

高畠 純さんのその他の作品

フンころがさず / 石津ちひろ&高畠純の ことばあそび絵本(全4巻) / 大型絵本 わんわん わんわん / パンダしりとり コアラしりとり / 白狐魔記 天保の虹 / 手紙がつなぐとびっきりの友情! 『クジラ海のお話』


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > もうちょっと もうちょっと

あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

もうちょっと もうちょっと

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット